ホーム > 安全と健康を考えた構造
      

爽建ハウスの構造


 
 九州の気候・風土に最適な木造住宅 


 
様々な災害から住む人を守る高耐久の外壁

ALCパワーボード
37mm厚の軽量気泡コンクリート製外壁材ALCパワーボードを標準仕様。防火性に優れ有害な煙も出ないためとても火災に強く、さらに多数の気泡によって断熱性や透湿性も抜群なので九州のジメジメした気候にはぴったりの外壁材です。この外壁に遮熱塗料スピンオフを塗装し、さらに断熱性能アップ!夏でもモワッとしない驚きの室内環境を作ります。
37mmの厚みで大型台風や地震などの危険な災害から身を守る安心外壁です。





木材の断面欠損を抑え耐力を向上

木造軸組工法用金物「テックワン」
木造住宅の弱点は柱と梁の結合部などの支口。ほぞを作ることで木に大きな穴を開けるなどの加工が必要です。この木の加工部の断面欠損を極力少なくした工法が金物工法。爽建ハウスではテックワン金物を使用しています。
この金物を使うことで、支口の欠損が減り木の本来の耐久性をより活かすことができます。また、全てコンピューターで加工するため精度が高く、くるいの少ない家造りが可能になります。

 




九州の気候に最適な新聞紙でできた断熱材

セルロース(湿式)
九州の家造りで大切な事は梅雨や夏のジメジメした季節にいかに対応しているか。この事をおろそかにするとカビが繁殖し、シックハウスの原因となる家になってしまいます。
とくに大切なのが壁体内。内部結露を防ぐために湿気を吸ったり吐いたり、透湿性のあるものがオススメです。新聞紙はパルプです。このパルプを敷き詰める事で気密性を保ちながらも透湿性のある九州に最適な断熱をする事が可能なのです。

 




将来産業廃棄物にならない自然素材での地盤補強工事

ハイスピード工法
2003年1月1日より適用された土地評価に関する方針に関して、お聞きになられたことはおありでしょうか?土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、もし発見されれば、土墳汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて算定されるというものです。今では大型物件を中心に適用が開始されています。また、セメントを使った地盤改良だと、人の健康や自然環境に悪影響を及ぼす非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。
 




人体に影響のない健康仕様のホウ素系防蟻材で15年の長期保証

エコボロン
シロアリは木造住宅にとってもっとも怖い害虫の1つです。このシロアリから家を守るために防蟻材を注入したり塗布したりするのですが、非常に強い薬品のため人体にも少なからず影響がある事が懸念されます。そこでオススメなのがホウ素系の防蟻材。よくゴキブリ用にホウ酸団子を使うと思いますが、シロアリはゴキブリと同じ仲間なのでホウ酸が効くのです。この薬が人体に影響がないのは、人体には腎臓があり、シロアリにはないからなんですよ!

 






NEW

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ