①社員ブログ

2014年10月28日 火曜日

小林市へ樅の木を見に行きました!

こんばんは(^^)/

先週は宮崎県小林市へ

樅の木を見に行ってきましたよ!

通算3度目の工場見学です(^^)



奥に見えるのが、自然乾燥中の樅の木です(^^)

工場に入るとまず目に入るのが樅の木の大木!



この写真で大きさ、太さ、長さは伝わりますかぁ??



樅の木の横に立ってみると、その太さに圧倒されます!



自分がやせて見えるでしょ?

えっ?見えない?

樹齢250~300年のドイツ産の樅の木です。



樅の木はゆっくり成長するので、

年輪がつまっているのが特徴です(^^)

これが浮造りになったときに最高の踏み心地になるんです♪





そして、何といっても樅の木の床材をつくる工程で大切なのが

自然乾燥!

この様に床の厚みにして1枚1枚丁寧に干しています(^^)





この自然乾燥が、木の特徴をそのまま家の中で活かせます!

消臭効果・防虫効果・調湿効果などなど、

そして、家の空気を快適にする

フィトンチッドの放出。

今年は長雨や台風で、出し入れが本当に大変だったそうです。

このような手間がかかっても、良いものを使って頂きたい!

そんな想いでみなさん頑張っています!

こんな床材はなかなかないですよ(^^)/

今週末は福岡市東区松香台のショールームにて

この樅の木の床材を体感してみませんか?

お気軽にお越しください♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2014年10月22日 水曜日

いざ日本シリーズ!

行ってきましたよ~!

クライマックスシリーズ第6戦



事が終わって8時過ぎ、

6回の途中から観戦しました(^^)

このように優勝が決まる試合を見に行くのは

今回で3回目。

2003年に千葉で優勝の瞬間を、

そして、

その年の日本シリーズ第7戦での阪神戦以来。

クライマックスシリーズは初の観戦です(^^)

ホークスとポストシーズンは本当に辛い事ばかり。

ポストシーズンに弱いホークスという印象は

なかなか抜けません。

とくに、クライマックスの前身のプレーオフ時代の

2004年・2005年は

ペナントでは1位(優勝ではない)になりながら、

埼玉西武と千葉ロッテに敗れ、

優勝した2010年には

3位千葉ロッテの下剋上に屈し、

本当に悔しい思いをし続けてきました。

特に3位からのクライマックス進出ではあったものの

日ハムに敗れくずれこんだ2006年の

斎藤和巳投手の姿は忘れられません(>_<)

結局この2004~2006年ごろのホークスは

本当に強かったにもかかわらず、

日本シリーズには出れませんでした。。。

2011年は西武に3連勝で勝ち、

初のクライマックス優勝を果たしましたが、

今年、日本ハムに負ければ

ポストシーズンに弱いホークスというレッテルを

またはられることになるところでしたね。

そういう意味では、

今後のホークスにとって

ポストシーズンの呪縛から抜け出た、

ターニングポイントになる試合かもしれません。

いやぁ、それにしても

球場の雰囲気はすごかったですね!

とくに外野の声援はいつも以上に迫力がありましたよ!



試合は中4日で登板した大隣投手が7回まで力投!

五十嵐投手がつなぎ、サファテ投手が締め、

見事4-1で北海道日本ハムに勝利し、

日本シリーズへ進出することが決まりました!

素晴らしいε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ







そして、昨日は何より感動したのが、

今年限りで引退する日ハムの稲葉選手、金子選手の

両チームの選手が集まっての胴上げ!

そして球場全体の稲葉コール!



ホークスファン、ファイターズファン関係なく、

日本プロ野球に貢献した稲葉選手を称える光景に

本当に泣けてきましたよ~(ノ◇≦。)

さらに、昨日は監督インタビューでもサプライズ!

突然秋山監督が今日先発した大隣投手を呼び、

異例の監督、選手のWインタビューになりました(笑)



本当に今年は大隣投手が復帰したことが大きかった!

逆に復帰できなかった事を考えるとぞっとしますね!

クライマックスシリーズのMVPには東福岡出身の

吉村選手が選出!これもうれしかった~o(^-^)o

大大大満足のクライマックス観戦でしたが、

最後の最後にスーパーサプライズが待ってました!

藤井フミヤさんによる「勝利の空へ」生歌!

この歌はホークスのために作った歌なので、

ホークスファンではない人は知らないかもしれませんが、

本当に良い歌なんですよ~!



さぁ、次は阪神との日本シリーズ!

阪神戦といえば2003年の内弁慶シリーズ以来。

あの時は福岡ドームで4試合あったので良かったのですが

今回は甲子園で4試合。

いかに、あの独特の雰囲気にのまれずに

甲子園で勝てるかがポイントになりそうです。

巨人に4連勝で勢いがあるので、

初戦がとても重要になりますね!

出鼻をくじきましょう!

誰が先発するのかも楽しみ!

今週末からまた熱い戦いに目が離せませんね!

あーーー甲子園行きたい!



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2014年10月19日 日曜日

大分中津旅行(朱華&朱夏)

こんばんは(^^)

今日は本当に久しぶりに休みを頂き、

黒田勘兵衛ゆかりの地

大分県中津市へ行ってきました(^^)/

今回はそこでお昼ごはんを食べた

御食事処 朱華というお店を紹介します♪

美味創匠 朱華

http://www1.bbiq.jp/syuka/10ryouri/10ryouri.html

豊後街道沿いにある小京都のようなたたずまい。

古民家ファンなので

外観だけで入ってみようと思いました(笑)





かなり費用をかけてリフォームしたのが分ります。

中はもっと素敵でしたよ!

女将さんと話をしたのですが、

かなり大工さんが頑張って造ってくれたそうですよ(笑)

そうでしょう!かなり大変そうです。

でも、その結果とても素晴らしい造りになっています(^^)

古民家ファンにはたまりませんよ♪



建具が本当に素晴らしかったのですが、

他に食事をされている方もいたので撮影は自粛。

これは実際に見に行ってみてください!

赤い障子の建具なのですぐに分りますよ(^^)

下の写真の右にちょこっとだけ写ってます。



今日はたまたま中津でお祭りがあってたそうで、

特別のランチがありました♪ラッキー!



一品一品がとても手がこんでいて、

とても美味しかったです(*^^)v

もちろん中津名物の唐揚げもありました♪

大満足のお昼ごはんでした(^^)/

中津へ行った際には本当におススメです!

そして、この朱華というお店は、

和傘をつくっているお店もあって、

歩いて行ける距離だったのでそちらも行ってみました(^^)

中津和傘 和傘工房 朱夏

ホームページは上と同じです。



ぶっちゃけ、紹介してもらわなければ

なかなか入れませんよ(^_^;)

そんなたたずまいです(笑)



勇気を振り絞って入ってみると、

御丁寧に対応して頂いて、

いろいろ説明してもらいました(^^)

和傘いいですね~!

和傘をさして歩くなんて粋ですよ♪

でも、目的はスタンドタイプの照明





素敵でしょ~!

大蔵省を説得して

小さいタイプですが買っちゃいました(^^)

さっそく自宅で点灯式!



モミの木の床にぴったりです♪

次回は大きなタイプを買って、

玄関ポーチに置こうと計画しています。

この和傘の朱華さんは

今月24日のFBSめんたいワイドで紹介されるそうですよ!

御食事付きの傘作り体験コースもあるそうです。

旅行はこのような予定外の発見が良いですね!

御食事も和傘もおススメです!



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ