②モミの木

2014年7月28日 月曜日

床材で激変する空気環境

こんばんは。溝上です。

梅雨も明け、夏真っ盛り!

今年の夏も暑そうです(>_<)

そして、6月17日から始めた実験BOX。

暑くなったせいか、期間のせいか、

一気に変化してきましたよ( ̄□ ̄;)!!

まずは6月17日の時の写真です。



そして、今日撮った写真がこちら。



箱によって随分と差が出てきました。

それぞれ個別に見てみると、

まずは右の2つ。

左がパイン材(浮造り)で右がカバノキです。



右のカバノキとは、カバザクラ(樺桜)や単純に桜と言われ、

フローリング材として良く使われる木です。

ただ、キズや汚れ防止でウレタン塗装をしています。

このウレタン塗装によって木の調湿効果が失われ、

一般的なベニアフロアと変わらない表面になってしまいます。

最初にこのカバノキのパンにカビが生えてきたのですが、

ナスは一部にとどまっています。

左はパイン材。パインは松のことで、

こちらはナチュラル塗装、浮造り仕上げが特徴です。

パンのカビはなかなか付かなかったのですが、

いったん付き出すと猛スピード!

青カビは少なく、綿のような白いカビが生えています。

そして、ナスが最初に割れ、

一気にカビだらけになってしまいました(^_^;)

なぜ!?

続いて中央の2つ。



右はベニアフローリング。

一般的にはどこでも一番使われる床材で、

この中では唯一"無垢材"ではありません。

予想通りですが最もカビの繁殖が激しいようで、

パンには新たに黒いカビが生えてきました(^_^;)

気持ち悪い...



左は杉材。こちらも無垢の床としては良く使われます。

こちらの杉には自然素材の塗装がしてあります。

ナスはヘタのみで実の部分は綺麗ですが、

パンは青カビで緑色になってしまいました(^_^;)

そして最後に左側の2つ。

今のところ、変化があまりない2つです。



右はナラノキにクリア塗装したもの。

楢の木は床材としてはオーク材という呼び名で良く聞きますね。

落葉性の広葉樹です。

今回の実験ではこのナラノキとカバノキが広葉樹。

モミの木、杉、パインが針葉樹です。

このナラ材が予想に反して(失礼!?)頑張っています!

パンに若干青カビが生えてきましたが、

ナスはヘタのみ。ミカンも変化ありません。

そして左がモミの木。

浮造り仕上げにエゴマ油を塗っています。

パンはまったくカビは生えていません。

ナスはヘタのみ白カビが生えています。

ミカンも変化有りません。



この様に、木の種類で空気環境に大きな違いがある事が分かります。

このカビからホルムアルデヒド等のVOCが

建材の何倍もの量放出されています。

壁や天井がビニールクロスだとより悪影響。

せめて壁を塗り壁や木材、エコカラットなどの

湿気を吸ったり吐いたりしてくれるものに変る事をオススメします!

室内環境は住む人にとってとても大切なポイント。

しかし、あいかわらず健康対策が遅れている日本では

軽視されているのも事実です。

じっさいに空気環境の良い部屋がどのような感じなのか

このモミの木の室内空間を体感しませんか?

天然モミの木の家ショールーム

8月6日(水)よりオープンします!

もちろんオープン前の見学もOKですよ(^^)/




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2014年7月22日 火曜日

新店舗の飲食店がくさい!

おはようございます(^^)

普段の生活ではあまり気にならない家の臭い。

それは嗅覚の疲労性(順応)という性質が、

いつもかぐ臭いを感じさせなくなっているからです。

いったん別の箇所に行くと、

また臭いを感じますが、すぐに慣れてしまいます。

ココで問題なのが、

家の嫌な臭いの元は

カビやVOC等の有害物質の臭いという事なんです!

人間って不思議な生き物で、

臭っている間はとても不快な気持ちなのですが、

いったん慣れるとまったく気にしなくなってしまいます。

しかし!

臭わなくても悪い空気を吸っている事に

なんら変わりはないのです!


つい最近、ちかくでオープンした

飲食店に行ってきたのですが、

入った瞬間に(>_<)

あきらかに建材や接着剤から発せられる

VOCの臭い。

涙が出るし、咳も出て、気分が悪くなりました。

しかし、いったん入ったので出るわけにもいかず

そのまま食事。

でも、出る頃にはその臭いはまったく感じないんです。

だから店員さんも臭いは感じてないのでしょう。

いくら食品が無添加で健康なものでも、

空気が悪ければ全く意味がありません(>_<)

口から摂取するものは飲食物だけで無く

空気も含まれる事を認識しましょう!

その空気には目に見えないカビがいっぱいです。

なので、密閉した箱の中でもカビは繁殖します。

6月17日に作った実験BOX。

約1ヶ月以上が経ち、梅雨を越えました。

モミの木の箱に入れた

ミカン、ナスやパンはどうなっているでしょう。



ナスのヘタの部分が白いカビで覆われていますが、

ミカンやパンに変化はありません。

続いて、一般的なフローリング。



ミカンに変化はありませんが、

パンはカビ、ナスも割れ目からカビてきました。

床材1つでもこれだけ空気環境が違う事が分かります。

ちなみに無垢で良く使われる杉はどうなっているかというと



ミカンやナスはモミの木とあまり変わりませんが、

パンがカビてきました。

このカビから放出されるVOCは建材の7倍以上と言われています!

これを気付かずに毎日吸っているってゾッとしませんか?

爽建ハウスが室内環境にこだわる理由がここにあります。

ぜひ、このモミの木でつくった室内の空気環境を

モミの木の家ショールームで御体感下さい(^^)/


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2014年7月 8日 火曜日

1枚1枚を大切に

こんにちは(^^)/

5月13日のブログで紹介しました

モミの木の天然(自然)乾燥の様子を紹介します。

場所は宮崎県小林市の霧島の麓。

「霧島おろし」という独特の吹き降ろしが、

天然乾燥に適しているそうです。

ここで、1枚1枚を立てかけ、

約1ヶ月間乾燥させるんです(^^)



この一手間がなかかな出来ない事ですよね!

晴れてる日はこのように天日干しされます。







この景色は圧巻ですよ~!!!!

しかし、ここは日本。。。

残念ながら1年中晴れている訳ではありません。

雨が降ると、屋根がある所へ移動させます。

特に梅雨時期は大変です(^_^;)





雨で水分を含み過ぎてしまうと、

カビ等の原因となり、商品になりません。

毎日が天気とにらめっこです。

このように徹底した管理で乾燥させると、

屋根のある倉庫で二次乾燥をさせます。



ここで商品として加工される順番をまっているわけです(^^)/



この乾燥期間が約1ヶ月。

人工乾燥が数日ですので、

いかに手間暇がかかるかが分かります。

ただ、この手間暇のおかげで、

フィトンチッドを発散し、

室内の空気環境を浄化してくれる内装材となるんです♪

他の床材とは全然加工工程が違う大切なポイントです!

ここで気になるのが、こんなに薄くて長い板で

反ったりねじれたりしないの?

という疑問が湧いてきます。

ってあまり一般の方では湧きませんね(笑)

湧いた事にしてください(笑)

この話が次回のテーマです!

そして、この天然乾燥させたモミの木の

室内空間を体感できるセミナーを

今週の日曜日に開催します!

梅雨時期なのに部屋の中はさわやか!

このモミの木の良さを最も感じる事ができる

今が絶対にチャンスです!

この機会にぜひ御体感ください(^^)/

詳しくは コチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2014年7月 4日 金曜日

PM2.5も怖いけどカビも怖い

こんにちは(^^)

突然ですが...

室内のカビ対策はできていますか?

最近福岡ではPM2.5が基準値を多く上回り、

注意喚起される日が多くなっています。

ということは、なかなか窓を開ける事ができないため、

家の中が締め切った状態になることが多くなりますよね。

この梅雨のジメジメした時期。

家の中の湿度はどうなっていますか??

屋外のPM2.5が怖いのはもちろんですが、

屋内のカビにも最大限の注意が必要です。

一昨日、ニュースでもカビに関しての特集があっていました。





このブログの中でも良く書いていますが、

カビから放出される有害物質(VOC)は

建材から出る数倍もの量で、

シックハウス症候群になる原因の1つです。

症状がひどくなると

様々な形でアレルギーが出てきますよ(>_<)

ただでさえ気密性が高くなった今の住宅は、

カビが生えやすい環境になっています。

そこで...

新ショールームでこんな実験をしています。

様々な床材の箱になすび、ミカン、食パンを入れてみました。



まずはベニアフローリングから。

一般的に良く使われる床材です。



食パンが少しかびています。

次にカバ(カバザクラ)の無垢フロアー。

無垢材だから良いわけではありません。

汚れや傷防止でウレタン塗装仕上げをしていると...



湿気の逃げ道がないので、一番最初にかびてきました(^_^;)

無垢だから何でも良いというのは大きな勘違いですよ~

そして最後にモミの木。



まだ生えていません。

木が湿気を吸ったり吐いたりする調湿機能や、

殺菌、防虫機能を活かした素材を使うだけで、

この様に大きく空気環境は変わります。

ただでさえ気密性が高くなった現代の住宅。

断熱性という部分では昔と比べると

飛躍的に高い基準の家が当たり前になっています。

しかし、高気密によって湿気対策という部分では、

以前と比べると

格段に劣悪な状態になっているんです(- -;)

ビニールクロスにフローリング。

室内は湿気を透さない素材ばかり。

いくら機械で換気をしても、空気は全て動きません。

この湿気から来るカビを甘く見てはいけませんよ!

カビはPM2.5と変わらないくらい、

健康に悪影響を及ぼすものだという認識が必要です。

もう一度お部屋の湿度を測ってみてください!

ちなみに大雨だった昨日の天然モミの木の家の湿度は、



もちろんエアコンもなにも入れていません。

これが爽建ハウスがモミの木の家にこだわっている

1番の理由なんですよ~(^^)/

このモミの木がつくる空気環境の室内を体感しませんか?

福岡市東区松香台の新ショールームで

7月12日にモミカフェというセミナーを開催します!

楽しい木の家についてのセミナーですよ♪

お気軽にお越しください(^^)

詳しくは コチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ