②モミの木

2011年5月27日 金曜日

モミの木工場見学 その①

おはようございます(*^ー^)ノ

無事に宮崎県小林市から帰ってきました。

あいにくの雨でしたが、

もみの木の床材がいかにして製品化されるか

しっかりと見学し、

改めてその素材の素晴らしさに感動し帰ってきましたo(^-^)o

今回は写真が一杯あるので3回に分けて御報告します。

まず、私達がお伺いしたのは宮崎県小林市にある

前田産業株式会社様。

こちらの会社では、

ドイツからもみの木だけに特化し輸入、加工しています。

そのもみの木は福岡の博多埠頭に入り、宮崎へ運ばれるそうです。

箱崎埠頭周辺で大きな材木を運んでいる車を見たら、

ほぼもみの木だと思ってください。

まず会社に入るとすぐに

このように大きなもみの木が出迎えてくれます。



福岡でこのように大きなもみの木を見る事は

めったにないのではないでしょうか。

よくよく考えたらクリスマス以外で

もみの木を見たのは初めてかもしれません。

そして、輸入されてきた状態のもみの木がこちら。



こんな木がトラックに乗って運ばれているのを

福岡で見た事ありませんかぁ?

それにしても大きなもみの木です。

樹齢約150~200年なのだそうです。

でも写真で見ても大きさが分かりにくいでしょうから、記念撮影。

私が入ると小さく見えるかもしれませんが(笑)



という事で、川井田だけで撮ってみると。。。



どうでしょうか。いかに大きいかがお分かり頂けると思います。

そして、ここで1つ重要なポイントです。



この大きなもみの木からフロアーとして使える部分は

わずか5%くらいしかないんですよ∑(゚Д゚)

約2mの無節の床材を作る事がいかに貴重な事か分かります。

そして、この大きな木材を2mピッチにカットしていきます。



そして2mにカットされた木材は、奥にあるように並べて乾燥させ、

次に床材の大きさに裁断します。





この裁断は全て柾目でカットされていきます。

なぜ贅沢な柾目でカットするかというと。。。

板目が1としたら

柾目の場合約5倍の調湿効果があるからなんです!

さらにこの断面だと10倍になるそうなのですが、

さすがに断面では製品になりません(ノ_・。)





そして柾目でカットされた板がこちら。

ここからが、このもみの木の最大の特長です!!

一般的な無垢材はここから窯に入れたりして強制的に乾燥させられます。

しかし、このもみの木は何カ月もかけて自然乾燥させるんです!

そしてこの小林市は霧島の麓。霧島おろしという特有の風が

自然乾燥をよりしやすい環境にしてくれるのだそうです。



なぜ、自然乾燥が良いのかというと。。。

木材の本来の性質、成分を崩し難いからなんです(^-^)v

難しい言葉になりますが、

天然由来成分「フィトンチッド」の欠損が少なく、

害虫からの予防する効果や、

VOC等の有害物質を分解する力が落ちにくいという事です。

このように1ヶ月前にカットされた板が並べてありました。




ちなみに私達が御提案する床材で約3ヵ月間乾燥させるのだそうです。

そしてこの乾燥させられてる板の中から無節なものを選び、

床材となります。これが最初に書いた全体の5%なんですよ(ノ゚ο゚)ノ

では、それ以外の95%はどこへ行ったのかと言うと

1つ1つが小さなパーツの商品に加工されます。

その加工工場も見学しました。



さて、ここで問題です(^▽^)

下の写真の木材は最終的に何になるでしょう??



答えは最後に載せてます(^-^)/

そして、このような物も



これは。。。



結納台です。祭事や神事にも使われる木材。

いかにもみの木が

『家に入る事が許された唯一の木材』と言われるほど

神聖な木であるかが分かります。

どこの県だったかは忘れましたが、あの大きな丸太に乗って

丘を滑り落ちるお祭り。ニュースで見た事もあるかと思いますが、

あの丸太ももみの木なんですよ!

あっ、ちなみに上の意味はクリスマスツリーという事です。

こちらでの工場見学はここまで。

次にモデルハウスの見学編に続きます。


問題の答え・・・お札です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2011年5月27日 金曜日

モミの木工場見学 その②

続いて、もみの木をふんだんに使ったモデルハウスを見学。



モデルハウスに入るともみの木の香で心地よい気持ちになれます♪

そして浮造りの肌触りがやさしく、とても気持ち良いんです!



こちらのモデルハウスには喫煙部屋が1部屋あって、

私以外のみんながタバコを吸っていたのですが、

タバコを吸わないため臭いに敏感な私でも、まったく気にならないほど

タバコの臭いを消臭していましたΣ(・ω・ノ)ノ!本当に驚きです!



こちらは、もみの木でできたキッチン後ろの棚。

とってもお洒落でした(*^▽^*)



そしてこちらのお洒落な壁



よく見ると、全ての木材が芯なんです!

そう、前のブログでも載せた下記図をご覧ください。



柾目取りの木材の芯はこのように使わない部分なんです。

なぜかというと乾燥させていくうちに表面から引っ張られ、

必ず中心から割れてくるので、製品としては使えないのだそうです。

その使わない部分を利用したお洒落な壁なんですねΣ(・ω・ノ)ノ!

そして断面の調湿性が最も高いので、調湿効果まで期待できるんです!

これはとても参考になりました!

続いて、もみの木の板材を建材に加工する会社へ移動です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2011年5月27日 金曜日

モミの木工場見学 その③

最後の工場見学は、乾燥させた板を実際に床材に加工する会社。

有限会社マルサ工業様にお邪魔させて頂きました。

ログハウス風の事務所の壁や天井にはもみの木が使われています。



そして、もみの木で作られた建具も展示してあります。



そして、いよいよ工場見学。

まず前田産業様で加工された板材がこのように運ばれます。



そして、加工工場で1枚1枚丁寧に加工されていきます!



ここで、私の最大の疑問。。。

どうやって板が浮造りになっていくのか(?_?)

浮造りとは年輪を浮き出させ、肌触りの良い仕上がりにする事です。

このように浮造りに仕上げる機械に1枚1枚投入していきます。



ここから先は。。。う~~ん、残念(x_x;)

企業秘密という事で撮影NGでした。

イメージで説明して頂くと、歯ブラシを掛けるように磨いていくそうです。

そして浮造りになるとこの様になります。



年輪にそって凹凸ができているのが分かりますか?

こうして1枚1枚のもみの木の完全な無垢の床材が完成します。



とても貴重で、手間暇かけて製造されるもみの木の床材。

たしかに他の床材と比べると高価な製品ですが、

実際にこの工程を見ると、決して高くないと思いましたし、

本当に住む方の暮らしや健康を考えると、

絶対にお勧めしたい床材です。

実際に当社で施工させて頂いた朝倉市のK様は、

年々変化する色合や雰囲気で、

とても気持ち良く、

そして飽きの来ない

家になったと喜んで頂きました。



爽建ハウスでは事務所でもみの木を体感できるように

リニューアルも検討しています。

今でも実際にもみの木を触ったり、踏んだりで、匂ってみたり、

体感できるようなサンプルもありますので、

是非、他の床材との比較をしてみてください!

きっともみの木の良さがお分かり頂けるのではと思います(^o^)丿

また、弊社のHPにももみの木の床材を掲載しています。

こちらも是非、ご覧ください!

爽建ハウスHP『もみの木』のページへ

最後になりますが、今回の見学を企画頂いた

N社のN社長様、S様、

M社のE本部長様、N本部長様、

快くお見せ頂いた前田産業㈱様の皆様、(有)マルサ工業の皆様、

この度は、大変お世話になりました。

改めましてお礼申し上げます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2011年5月25日 水曜日

カタログ作成

こんばんは(*^ー^)ノ

今日は塗り壁の勉強会等があって休日出勤中です!

今回、いろんな商品を1度で分かりやすく見て頂けるように

爽建ハウスのカタログをリニューアルしようと、

広告会社と打ち合わせています。

その第1回目の提案が今日でした。



爽建ハウスの健康や省エネについて

どのような形でお見せするか、

妥協無き打ち合わせを展開中です(笑)

今の現場の完成内覧会の時からお出しできればと考えています。

完成が待ち遠しですo(^▽^)o

そして、昨日御紹介した古賀市美明のO様邸リ・ガーデン工事。

今日は表側のテラスを取りつけています。



携帯で撮ったのであまり鮮明ではないですが、

家の雰囲気がだいぶ変わってきましたよ!

明日からはウッドデッキの工事の予定です。

そして、私は明日は宮崎県小林市に出張です。

何をしに行くかといいますと、

爽建ハウスでお勧めしている無垢の床材、

もみの木の加工現場の見学です。

実際に当社で施工したもみの木の床を使ったお宅がこちら↓



朝倉市で建てて頂いたK様邸。

ドイツやカナダから輸入されたもみの木は、

この小林市で加工され、

霧島おろしという独特の風を利用して

自然乾燥されます。

この自然乾燥というのが、他の無垢材と全く違い、

木にも住む人にも良い建材となるんです。

特に知って頂きたいので、いつもより文字を大きくしました(笑)

実際に目で見て、このブログでまた報告させて頂きますo(^-^)o

それでは、行ってきます(^O^)/
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ