A.溝上

2015年3月31日 火曜日

鹿児島・宮崎モミの木研修Part10

こんばんは(^O^)

3月も今日で終わり。。。早いですね~。

今年も第一四半期が終わりました!

明日はエイプリルフール!

誰をだましましょう(笑)やっぱり川井田かな(笑)

鹿児島・宮崎モミの木研修ブログ最終回は、

小林市生駒にあるマルサ工業さんの見学の様子ですo(^▽^)o

今月の出来事は今月のブログで終わらないとですね(笑)

このマルサ工業さんでは、

天然乾燥をしているカナダ産のモミの木と、

天然乾燥が終わったカナダ・ドイツ産モミの木に

浮造り仕上げを施し内装材として製品になっていく過程を見学します。



ちょっとした心遣いが嬉しいですね(*゚▽゚*)

まずはショールームから。

こちらには、ドイツとカナダの両方のモミの木の床材が展示してあります。



このブログをお読みいただいている方には、

どちらがドイツでどちらがカナダかお分かりでしょうか?(笑)

答えは秘密です(笑)

冗談です(^O^)奥がカナダ産のモミの木です♪



小上がりはドイツのモミの木で出来ています(*゚▽゚*)

良い色に焼けてますね~♪



この飴色に焼けたモミの木の陰影が高級感を増すんです♪

そして生駒高原の爽やかな風がスーっと入ってきて、

本当に動きたくなくなる、(太ってるからじゃないですよ!)

一度座ると立ち上がりたくないショールームです(笑)

しかし、佐藤社長は。。。いえ、時間は待ってくれません(笑)

重い腰を上げて、いざ工場を見学ですo(^▽^)o

ここでは、カナダ産のモミの木を天然乾燥させています。

いずれ爽建ハウスの現場に来るであろうモミの木ですよ♪





こちらも1枚1枚丁寧に立てかけて乾燥させています(*゚▽゚*)

この天然乾燥の素晴らしさは、朝のブログでご確認ください!

そして、このマルサ工業の工場で、

天然乾燥が終わったカナダ産とドイツ産のモミの木を加工し、

床材や壁材などの製品になります。

加工風景は大変申し訳ありません。

企業秘密の機械を使っているので、

撮影できません。皆さんの想像におまかせします(笑)

この加工が終わったモミの木のサネの部分を見て、

佐藤社長は良い仕事が出来ているかをチェックするそうです。

つまり、機械の刃物の状態を確認しているんですね!



そして、浮造りなどの加工が全て終わったモミの木は、

最後に荏胡麻油を塗っていきます。



これは巾木になるモミの木を塗っているところです。

1本1本、人の手で丁寧に塗られます。

こうして大切に、丁寧に作られたモミの木は梱包され、

皆さんの現場へと運ばれていくんですよo(^▽^)o



機械で大量生産している床材とは全く違うモミの木の床材です。

1枚1枚がいろんな人の熱い想いがこもっています!

だから、お客様に説明する私もついつい熱く語ってしまうんですが、

そこはご容赦ください(笑)

最後は、この2日間貴重なお時間を私達に使っていただいた、

マルサ工業佐藤社長とモミの木の前で記念撮影!





佐藤社長、本当にお世話になりました!

また、マルサ工業の皆様もお忙しい中本当にありがとうございました!

今回の2日間、多くの方にお世話になりました。

皆様本当にありがとうございました!

今後とも爽建ハウスを宜しくお願い致します。

最後に番外編がありますので、次回のブログもお楽しみに♪



 

福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2015年3月31日 火曜日

鹿児島・宮崎モミの木研修Part9

こんにちは(^O^)

鹿児島・宮崎モミの木研修ブログもあと2回。

そう、10回の予定でございました(笑)

今日は、小林市の前田産業さんの見学の様子です。

ここはドイツから輸入されたモミの木を、

天然乾燥させて製材までしています(*゚▽゚*)

まずは丸太のモミの木を見学。





樹齢250年のドイツのモミの木ですo(^▽^)o

太いでしょー!棟梁と記念撮影!





この丸太を柾目取りしやすいようにカットしていきます。





ここが板目に加工するのと大きく違う重要なポイントです!

モミの木の床材は柾目であることが大切です。

調湿性や消臭機能などは年輪の部分が働きが強いため、

柾目にすることでより効果的な内装材が出来上がりますo(^▽^)o



ここで柾目板に加工されます。

このような工程は大工さんにとってはとても興味があるようで、

前田産業の方に質問攻めしていましたよ(笑)

そして、板になったモミの木は、

1枚1枚丁寧に立てかけて天日干しをします。

ここは、霧島連山の麓。霧島おろしという適度な風が吹いていて、

乾燥させるのに適した地形なんです。

この天然乾燥を取ることで、

木に含まれている精油成分を揮発させずに乾燥できるんですよ♪

この精油成分が家の中で体温や室温で少しづつ揮発し、

フィトンチッドとして放出されるんですo(^▽^)o

このフィトンチッドがVOCや臭いの元を分解したり、

リラクゼーション効果があったり、殺菌、防虫効果があることは、

このブログで書いてきた通りです(*゚▽゚*)

すべてこの天然乾燥のおかげといっても過言ではありません。





この一手間がお客様が快適で健康的な家に暮らせる重要なポイントです。

雨が降ったら屋根があるとこまで運び、

晴れてきたら外に出すの繰り返し。

本当に地道で大変な作業ですが、

皆さんのおかげで素晴らしい材料をお客様にお届けできます♪

今回もお忙しい中ご案内していただきましたヽ(;▽;)ノ

前田産業の皆様、ありがとうございました!

今後共宜しくお願い致します。

次回はモミの木研修ブログ最終回です!

お楽しみにo(^▽^)o



 

福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2015年3月30日 月曜日

週1プライベート!「松ぼっくり」

おはようございます(^O^)

昨日は久しぶりの活動となった

がんばっぺし福岡応援団

陸前高田の矢作地区を中心とした、

ボランティア活動の団体です。

急遽参加することになり、生の松原へ行ってきました!

今回は陸前高田の高田松原再生へ少しでも役に立てばと

松ぼっくりを拾って種を採取し、発芽したものを、

陸前高田へ送ろうというものです。

もちろん生の松原の許可を頂いていますよ(^O^)



このようなボランティアには、ご年配の方も多くこられているので、

みなさんおじいちゃんの知恵袋みたいな感じ(笑)

一つ一つの会話にほーほーと頷くばかりでした(笑)



本当は松ぼっくりの採取には秋口が良かったそうです。

開いたものばかりでなかなか良いのがありません(+o+)

そうそう、生の松原にある元寇防塁跡ってご覧になった事ありますか?

自分は初めて見ましたよ!

時は鎌倉時代の執権政治「北条時宗」の時代。

1274年と1281年の2度にわたって攻めてきたモンゴル帝国。

それを守るために作られた防塁です。

約740年も前のものが現存しているのもすごいですね!



一部復元が入っていますが、当時の面影を残しています。

思ったより低く、これで守れたのかな?っと思いましたが、

当時は身長が皆低かったからこれでよかったんだろうと。

またほーっとうなるような情報。さすがおじいちゃんたち!



歴史の授業では単純にモンゴルが攻めてきて、

たまたま台風が来たので助かったと習いましたが、

もうちょっと掘り下げて勉強しようかなぁっと思いました(^O^)

もし台風が来なかったら、ぜんぜん違う時代が進んだのでしょうね。

そして拾ってきた松ぼっくりから種を採取。



無事に発芽してくれれば良いのですがo(^▽^)o

頑張って育ててみますよ!

そして、ショールームのプレゼン用に大きな松ぼっくりも拾いました♪

洗ったら縮んでしまったので、この写真は残念ですが(笑)

また乾けば広がってくるでしょう(^O^)



震災から4年が経ち、福岡から出来ることは少なくなってきましたが、

あちらの方とのご縁を大切にし、

少しでも出来ることがあれば頑張っていきたいと思います。

数年前に活動をまとめたブログを書きましたので、

よかったらぜひ読んでみてください。

2012年3月11日のブログ「日本が変わった日



 

福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ