A.溝上

2014年9月30日 火曜日

築150年の家のリフォームを見学!

今回の浜松出張では、

実際に日本ISJ研究所の内藤社長が手がけた

家を見学させて頂きました(^^)

まずは、前々回のブログ G-1 Spirits で紹介した

株式会社G.D.Sの谷野社長のご自宅。

築150年の家を改装したものです。

明治時代に建った家ですよ!

詳しくはコチラのページもご覧ください。

http://www.maidonaito.com/cn25/pg216.html



この白い漆喰壁。。。に見えるでしょ??

実は漆喰ではないんです!



近づいても漆喰にしか見えません。

実は、遮熱塗料スピンオフをコテ塗りしたものなんです!

このスピンオフのマットな仕上がりは和風住宅に最適!

素晴らしい仕上がりです(^^)

もちろん中の壁にもスピンオフが使われていました。





そして和室に使われている建具は

昔のまま。昔の建具は本当に細工が素晴らしく、

今ではなかなか見ることがありません。



先人の技術は本当に素晴らしいですね。



昔の家なので冬はとても寒いイメージがありますが、

これだけスピンオフを塗って断熱しているので、

とても快適とおっしゃってました(^^)

そして、昔の家は風通しを本当に考えていて、

建具の下が動いて風が通るようになっています!



和室の欄間もそうですが、

昔の家は風通しや湿気のことを本当に良く考えています。



ご自宅を気持ちよく見させて頂いた谷野社長、

本当にありがとうございました。





次に見せて頂いたのが、株式会社G.D.Sさんの本社。

こちらも内藤社長が手がけています。

詳しくはこちらも下記をご覧ください!

http://www.maidonaito.com/cn25/pg185.html



その前に!隣に建っている蔵がすごい!

蔵フェチなのでついつい写真を撮っちゃいました(^^)



今時、こんなに立派な瓦を住宅にはなかなか使いませんよ!

素晴らしい(^^)/

話をもどして、こちらの住宅のような事務所。

こんなところで働けるなんて本当にうらやましい!



こちらの床には能登ひばを使ってあります。

壁はもちろん遮熱塗料スピンオフ。

そして、打ち合わせのお部屋や玄関にはモミの木が使ってあります。



今回はモミの木を見る目的が1番だったのですが、

ついついスピンオフの仕上げに目がいきます(笑)



塗り壁と間違ってしまいます。

恥ずかしながら、珪藻土と思ってしまいました(>_<)

スピンのコテ仕上げ良いな~!

塗り壁のように遊び心も出来ちゃうんですよ(^^)



株式会社G.D.Sの皆様、お忙しいところ大変お邪魔致しました。

ありがとうございました。

その次に見せて頂いたお宅は外観のみだったのですが、

これもまた外壁に塗ったスピンオフが素晴らしい!





どっからどう見ても漆喰壁にしか見えません(笑)

そして、最後に見せて頂いたお住まいは、

築2年の新築住宅。



床はモミの木、壁はスピンオフです。

モミ、良い色になってきてますねぇ(^^)

お昼ご飯にサンマを焼いたそうですが、

全然臭いません!

また、家の中でインコを飼っていましたが、

こちらも当然臭いはありませんでした(^^)

リビングは吹抜で開放感いっぱいです。





こちらの壁もスピンオフのコテ仕上げ。

アップで写してみましたが、やっぱり漆喰にしか見えないでしょ?

おそるべしスピンオフ!



これだけ広い家なのですが、

夏は涼しく、冬は暖かく本当に快適だと喜んでおられました(^^)



このモミの木の家で一番驚くのが、

生活臭がまったく感じられないんですよね~。

臭いは住んでる人は慣れて気付きません。

外から入ってきた人が一番感じるものなのですが、

こちらの家でも全く臭いがありませんでした!





こうして見ると、和風の家は本当に落ち着きますし、

とてもオシャレに感じます。

飽きも来ないし、流行や廃りも無い。

究極のデザインが和風の家だと思います。

ヨーロッパでも昔からレンガの家ですよね。

基本的に住宅は流行で左右されるものではなく、

その土地土地の気候・風土に合わせて

長い長い歴史をかけて気付き上げてきた、

最高のものがすでに出来上がっているものです。

全てには理由がありますからね。

これが、マンションのように流行でデザインされるものが、

人気が出たために、一軒家でも同じ事がおきました。

どうですか?10年前の家が古くさく感じませんか?

和風の家は何十年経っても全く古くさく感じません。

逆に味となって趣が出てきます。

それはやっぱり木を使っている事が1番の理由だと思います。

もっともっと、木の家について勉強し、

よりよい家造りを提供できるように頑張りたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2014年9月29日 月曜日

医食住の匠人のつどい in 浜松

おはようございます(^^)

先週は浜松へ出張していました。

その最大の目的が、この

医食住の匠人のつどい in 浜松

に出席することでした。

爽建ハウスが

このモミの木やスピンオフ、羽衣などの

住む人の健康を考えた家造りを出来るのも、

株式会社 日本ISJ研究所の内藤社長のおかげ。

私たちは尊敬の意を込めて

大将と呼ばせてもらっています。

もともとは独立する前に勤めていた

建築会社からのお付き合いで、

その会社が倒産し、

自分たちが独立する事になった時から

応援していただいている企業です。

最初は、日本ISJ研究所という名前を聞いたときに

こんな会社をイメージしていました(笑)



いったい何を研究しているのだろう??

それが、実際は真逆のような人達が日本ISJ研究所です。

本気で真剣に健康的な家造りを考えている熱い男達なんです。

自分もその一員として認められるように、

日々勉強をしています。

そんな大将の人柄、想いに共感した熱いメンバーが

全国から約70人、浜松に集結しました!





そして8名の熱い講演を聞くことができました。



このメンバーは家造りに携わっている人達だけではありません。

学校の先生や飲食店のFC企業、研究用ラットの生産企業など、

さまざまな分野の方が集まっています。

最もすごいのがお施主様が来ていること。

この健康的な家造りに共感しているとはいえ、

お施主様がこのような会合に来ることはなかなかないでしょう!

それが、この家造りのパワーだと思います(^^)/

うちも、福岡でそんな企業になりたい!

そう強く思いました!

とくに、下の写真の女性はすごいですよ~!!



東北でモミの木の家を建てたお施主様が、

なんと日本ISJ研究所のスタッフとしてお手伝いしているんです!

こんな熱い人がいるんですね!

ここまで人を惹き付ける大将の想いや、モミの木のパワー!

この想い、絶対に負けられません!

熱さで九州男児が負けちゃ男がすたります!

講演の内容は、あまりHP上では書けませんので、

爽建ハウスに見に来て頂いた方には、

きっと家造りに役に立つ、

参考になるお話としてお伝えできると思います。

ただ、最後の講演となった、

東北のハウスメーカー、

キュウエイコーポレーションの小宮店長の話は感動しました。



特に震災の話は涙無しでは聞けません。

よく東北は復興バブルだとか、棟数が伸びてるのは震災のおかげ

なんて話を聞きますが、

この話を聞いたらとてもとてもそんな事は言えませんよ。

あまりにも失った物が多すぎます。

とても多くのことを感じる事ができた集会でした。

懇親会では久しぶりに以前の会社の時にお会いしていた

全国のハウスメーカーの方とお話も出来ましたよ(^^)

倒産したときに諦めず続けて良かったと思える瞬間でした。



爽建ハウスを立ち上げようと思ったのも、

やっぱりこのグループの家造りが好きだったからなんです。

倒産をきっかけに転職して、

今までとまったく違う家を、

「この家は最高ですよ~」

なんて思ってもないことを言えませんから(笑)

営業は売るためなら嘘をついてでも良い物と言います。

だって営業にも生活がありますから、

売らないと給料をもらえませんからね。

でも、頑固な自分は、

本当に良いもの、自分が惚れたものをお伝えする。

そんな企業を目指していきたいと思います。

最後に、遮熱塗料スピンオフを開発された

(株)日進産業の石子社長と写真を撮らせて頂きました(^^)

石子社長のスピンオフにかける想いは半端ないですよ~!

改めてスピンオフのファンになりました(^^)/



いまモミの木やスピンオフで家を建てているお客様は

絶対にラッキーです!

なかなかこんな商品と出会いませんから。

人と会うのも縁ですが、商材との出会いも縁です。

ハウスメーカーを見に行った時に、

家の内観だけ見てさーーーーっと出て行く方が多いですが、

それでは絶対に良い家は造れませんし、

良い商材が目の前にあっても逃してしまいます。

見た目だけで判断してると、

とりあえず住宅ローンの仮審査だけでもしてみませんか?

という言葉に釣られて、

ずるずると中身のない家が建っちゃうんです。

どの建築会社がどのような材料をつかって家造りをしているのか、

その材料が自分たちの家造りに必要なのか不要なのか。

しっかり選択することで、

望んでいる家に近づく事ができるんですよ(^^)

住む側と建てる側の想いが一つになったときに、

素晴らしい家が出来るんだと改めて思った

今回の出張でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2014年9月27日 土曜日

G-1 Spirits 2014

こんにちは(^^)

昨日の夜、3日間の浜松出張より無事に帰ってきました。

今回、浜松へ出張した目的は大きく3つ!

1日目.医食住の匠人の集い in 浜松 に参加

2日目.G-1 Spirits 2014 の見学

3日目.モミの木やスピンオフを活用した家造りの勉強

それぞれ、とても身になることばかりで、

とてもモチベーションが上がって帰ってきました(^O^)

その一部を紹介していこうと思います!

まずは、2日目のG-1 Spirits 2014について。

このG-1 Spirits とは何かと言うと、



みなさんは『牛角』という焼肉屋さんをご存知ですか?

残念ながら、ここ福岡市東区にはなく、

近くだと宗像市や東比恵にあるお店です。

この『牛角』や『土間・土間』、『かまどか』を

中部地区で展開している

株式会社G.D.Sさんの加盟店64店舗の

グランプリを決定する発表会が G-1 Spirits です。

詳しくはこちらをご覧下さい→http://g-1spirits.jp/

どのようなグランプリかというと、

審査期間中の売上や来客数、接客態度など

全てをポイント(数値)化し、その上位5店舗が、

どのような店舗運営をしたかを発表。

そのプレゼンを聞き、

会場にいる出席者が投票をしてNo.1を決定します。

僭越ながら私も投票をしてきました。



会場もとても広く、本格的なイベントです。

福岡で言えば福岡国際センターくらいの広さでしょうか。

ここで、重要なポイント。

発表するスタッフは

ほぼアルバイトということです!

高校生から大学生など、若い人たちばかり!

「今時の若者は。。。」

「これだからゆとり世代は。。。」

なんて一括りで言ってる人には是非見てもらいたいし、

逆にいつも上のような言葉を上司に言われる若者にも

なぜあなたがそれを言われるのかを感じてもらいたいほど、

パワーややる気に満ち溢れた、

意識の高い熱い若者たちの発表会でした。







今回発表した5店舗はこちら。(発表順)

牛角 沼津西店(静岡)
牛角 岡谷店(長野)
牛角 PLE葉WALK浜北店(静岡)
牛角 アグリしののい店(長野)
牛角 石和店(山梨)


いかがですか?お近くのお店ありますか?

まずはこの壇上で発表できるだけでも厳選された素晴らしい店舗。

こちらも生半可な気持ちでは選択できません。

自分は飲食業に携わった事がないので、

専門的な事は分かりませんが、

サービス業としては飲食も建築も変わりません。

思いは1つ。お客様のために何ができるか。

これが全てのサービス業の永遠のテーマだと思います。

そして、今回選ばれたお店は

オープン以来、最初から順風満帆ではありません。

売上不振で閉鎖の危機に追い込まれたお店や、

とても車が入りくい店舗、

焼肉ストリートと言われそうなほど競合他社が多い店舗。

スタッフが育たないなどなど、悩みは様々です。

しかし、ここが最も驚いたし、

自分自身を戒めたところなのですが、

全ての負の原因が、外的要因ではなく内的要因だと、

この発表した5店舗全てが認識していたところでした。

一般的に売れない営業マンは言い訳のオンパレードです。

車が入りにくいから。田舎だから人が少ないから。

駅から遠いから。不景気だから。

近くに大型ショッピングモールがあってそこに集客を奪われるから。

などなど。ほとんど外的要因を言い訳にします。

あ、これはモデルハウスでやってたサラリーマン時代の

店長会議などでの経験です(笑)

そして次にでる言葉は、隣の芝生が青く見えた言葉。

あそこは立地がいいから。

これはまったく違うんですよね。

この5店舗はどこも現状の自分達を客観的に見つめ直し、

閉店後の遅い時間まで話し合いを持っていました。

アルバイトですよ!?時給出ない時間にですよ!?

そして、お客様に何ができるか、

どのようにしたら回転数が伸びるのか、

本当に涙ぐましい努力を積み重ねていました。

飲食ではOPEN10年経ったお店が売上前年比110%なんて

とても考えられないそうです。

それを実現している所が本当にすごい!

味絶対主義!サービス不要って方には

ご理解頂けないし、違うと言われそうですが、

お客さんが飲食店を選ぶ理由は、

味だけじゃないんです!

お店の人達が作り出す空間全てに感動し、

リピートしているんです。

自分はチェーン店に行く時は、ここに行く!って

特別決めず、近くの行きやすい所に行きます。

たぶん、そんな人は多いんじゃないでしょうか。

チェーン店の場合可もなく不可もない場合が多いですから、

とりあえず行きやすいとこに行こうとなっちゃうんです。

しかし、おそらくこの5店舗のお客様は

焼肉を『牛角』に食べに行こう!他は行かない!

というような『牛角』ファンが多いのだと思います。

これって素晴らしいことですよね~!

まさに人間力!

全てのお店が素晴らしいプレゼンで、

甲乙つけがたいほど悩みました。

そして、グランプリは

牛角 岡谷店 が二連覇を達成!

2年連続で売上前年比アップという本当にすごい店舗です。



いったいどんなサービスをしているのか、

福岡の『牛角』との違いがどれほどあるのか、

ぜひ行ってみたいのですが、長野県はさすがに遠い(T_T)

もし、このブログを読んで頂いてる方でお近くの方がいたら

行ってみてください(^^)/

自分はアグリしののい店に1票を投じたのですが、

残念でした(T_T)

このお店はバイトから社員になった人が多く、

それだけ伝統的に雰囲気の良い店づくりがされていました。

これって自分がバイトをしていた会社もそうで、

ほとんどの社員さんがバイトから上がった人でした。

バイトをして就職したくなる会社って魅力的ですよね。

そして翌日、

この株式会社G.D.Sの本社と

谷野社長のご自宅を見学させていただきました。





この見学についてはまた次のブログに書こうと思います。

そして、その際にもこのG-1 Spirits の話をお聞きすることができました。

とても興味深い話ばかりで、大変刺激になりました。

谷野社長、大変お世話になりました。

そして、ありがとうございました!

来年も必ず見学に行かせて頂きます!

そして。。。

まずは福岡の『牛角』行ってみます(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ