A.溝上

2013年8月31日 土曜日

完成内覧会の見所④

こんばんは(^^)/

過去3回に渡りご紹介してきました、

筑前町M様邸完成内覧会の見所。

Part1 外壁ALCパワーボードについて
Part2 遮熱塗料スピンオフについて
Part3 漆喰塗り壁『羽衣』について

外観のデザインについてお話しようと思います(^^)

昔に比べ、建材の種類が増え、

様々な外観の家が建っています。

洋風・カントリー風・南欧風・和風

皆さんはどんなデザインの家がお好みですか?

デザインは正直、どうにでもなります。

外壁の色、瓦の種類、サッシの色や大きさ

等を組み合わせるだけでも

いろんな雰囲気の家が出来てしまうからです。

ちなみに、下のパースは全く同じ間取りのものです。





そんななか、爽建ハウスでは

和モダンの住宅が人気があります(^^)

最近は和に回帰する人も多くなってる様ですo(^-^)o

爽建ハウスが和モダンの家が多いのは、

実は外壁のALCパワーボードの弱点を

反対に活かすために考えた事がきっかけだったのです。

ALCパワーボードにも様々なデザインがあるのですが、

やはり、予算との兼ね合いで標準パネルという、

デザインがないパネルの使用頻度が高くなります。

そうすると、よく言われるのが、

『デザイン性が良くない』

『目地が目立つので嫌だ』

『安っぽく見える』

などなど...(T▽T;)

デザインには変えがたい性能がある外壁材ですが、

やはり、見栄えは良くないと...(^_^;)

そこで、いろいろ考えました!

標準パネルでも高級感のある外観イメージにできないか!?

それが、和モダンの家でした。

しかも、爽建ハウスがオススメする和モダンの外観は

蔵の様なイメージ。

標準パネルに白の遮熱塗料スピンオフを塗装すると、

まるで漆喰のような風合いの外観になるんです(*^ー^)ノ

まーーーったく安っぽく見えませんよ!



写真ではなかなか質感までは伝わらないので、

ぜひ、内覧会の際には室内はもちろんですが、

この外観にも注目してみてください(^^)

今、改めて注目されている

和モダンの家

自信を持ってオススメしますo(^▽^)o



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2013年8月26日 月曜日

福岡市南区S様邸上棟式

こんばんは(^^)/

今日は福岡市南区柏原で

上棟式を執り行いました(^^)

朝はあいにくの天気でしたが、

お昼からは好天に恵まれ、

素敵な上棟式になりました(^^)v

今日の流れをアップしますので、

地方によってや大工さんによって

流れは違うと思いますが、

ぜひ、参考にしてください。



朝7時半集合です。

8時から作業START!

まずは四方を清めます。



その後、朝礼をして

赤い手ぬぐいやタオルを配って頂きます。

この赤手ぬぐいが上棟関係者の目印です(^^)

いよいよ柱を建てていくのですが、

爽建ハウスでは記念に1本目はお施主様に打って頂きます。



あとは、どんどんと工事が進みます。

ほとんどのお客様がこのスピードに驚かれます(笑)



お昼には大工さんと一緒に食事をとります。



午後からは小屋組、屋根工事です(^^)



早いでしょ~!!

餅まきの合図は五色の旗。

これが立つと近くの方やちびっこ達が集まってきます!



今回は近くで泳いでいたみたいで、

水着のまま来てました(笑)

祭壇を家の中につくり、

全員でお清めし、乾杯をします。



いよいよ餅まきの始まりです!

お清めしたお餅を屋根に上げ、まいていきます。





餅まきは最近することが少なくなってきました。

しかし、子孫繁栄などの意味もある大切な行事ですし、

日本の良き伝統文化だと思います。

何より、一生に一度の大きな買い物の住宅で、

この上棟式が1番のビッグイベントです。

せっかくの家造りを楽しんで頂きたいですし、

思い出にもして頂きたいので、

爽建ハウスではお客様におススメをしています。

やった方は皆さん大喜びして頂いてますよ(^^)/

無事に餅まきが終われば上棟式の完了。

最後は大工さんみんなも入って記念撮影(^^)

これは、お客様に頼まれて初めてしましたが、

みんな良い笑顔でとても素敵な写真になりました(^^)/



朝早くから夕方までの長丁場ですが、

素晴らしい上棟式になりました(^∇^)

最後に、S様本日はおめでとうございます!

これから、竣工まで頑張っていきますので、

宜しくお願い申し上げます。





天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

2013年8月25日 日曜日

完成内覧会の見所③

おはようございます(^^)/

福岡地方は久しぶりの雨。

恵みの雨となれば良いですね(^^)

今回の内覧会の見所は、

塗り壁について話してみたいと思います。

ひとえに塗り壁と言っても種類は様々。

爽建ハウスでも3種類の塗り壁を使っています。

霧島シラス

漆喰

珪藻土

塗り壁は材料が違えば、

表面の仕上がりや効果などが全く違います。

塗り壁をどのように取り入れたいか検討した上で、

どの素材の塗り壁にするかを選ぶ方が良いですよ(^^)

今回の内覧会の現場、筑前町M様邸で使用した塗り壁は

漆喰壁の羽衣という商品です。

そもそも漆喰とはどんな壁なのでしょう?



お城や、昔ながらの家の外壁に使われているのを

良く目にしますよね(^^)

漆喰はとても古い歴史のある材料で、

考古学的には世界最古の例は5000年前のエジプトとされ、

日本では縄文時代の遺跡からも使った例が発掘されています!

漆喰の主な原料は消石灰で、

石灰岩を砕き、塩を加えながら焼かれる

「塩焼き」で焼成されたものです。

特徴は二酸化炭素を吸いながら固まっていくので、

長い年月をかけて硬化していきます。

つまり、丈夫になっていくという事です(^^)

ただ、硬化することは下地が伸縮した場合に、

クラックが入りやすいというデメリットもあります。

爽建ハウスのオススメする羽衣には、

この消石灰にさらに天然石の粉末をブレンドした、

住まいの空気環境を考えた、

室内向けの漆喰壁になっています(^∇^)

例えば、モンモリロン石を主成分とした粘土や、

軟玉翡翠、角閃石の粉末が入っていて、

遠赤外線効果や消臭、抗菌効果を高めています。

ちょっと施工中の様子を紹介しますね(^^)

2階の寝室を塗っている様子です。



左官さんが塗っているのを見ると、

簡単そうなんて思っちゃいますが、

むちゃくちゃ難しいんですよぉ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



施工中でもどんどん空気環境が良くなるのが分かります(^^)

この羽衣の特徴は

『調湿性』高温多湿な九州には最適な

室内の湿度に調節します(^^)

さらに、防火機能が高く、有害なガスを出さないため、

万が一の際にも安心です。

この、M様邸の寝室は

爽建ハウスのオススメの仕上げ材がいっぱい!

1番この部屋の空気感を体感して頂きたいです(^^)

床が天然モミの木と、福岡県産イ草の畳。

壁が漆喰『羽衣』

天井が遮熱塗料スピンオフになっています。

他のハウスメーカーでは絶対に体感できない空気が

ここにはあります(*^ー^)ノ自信ありです!



最後に、モミの木との相性もピッタリなところも

オススメのポイントです(^^)/

落ち着いた和モダンを演出てくれます。

1階のトイレの写真です。



ちょっと見にくいですね(^_^;)

ぜひ、内覧会ではこの塗り壁にも

注目してくださいね(*^▽^*)



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL | コメント(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ