④DGH

2014年9月 8日 月曜日

爽建ハウスのショールームは体感型!

爽建ハウスのショールームは

体感するところがいっぱい!

今回はショールームで体感できる

実験の一部を紹介します(^^)/

写真だけ見ると、家と何の関係があるの?

なんて思っちゃいますが、

衣・食・住を第一に考えた家造り

ひみつがいっぱい体感できますよ(^^)/

まずは外壁のALCパワーボードの実験!



バーナーで加熱しているのに、裏側が触れる??

熱くないの?



モルタルとサイディングとALC。

一番熱を通さない外壁は??

続いて、IHクッキングヒーターではないオール電化!

遠赤外線クッキングヒーターDGHを体感♪



ガラスポットでお湯が沸かせるオール電化??

ガラス割れないの??



黄色が酸性、緑は中性、青がアルカリ性。

どれを飲みたいですか??

遮熱塗料スピンオフも体感実験がいっぱい(^^)/



なんで?100℃の上に氷を置いてみよう!

普通はすぐに溶けるけど...、スピンオフの場合は!?



このフライパンをスプーンでたたいてみよう!

いったいどんな音がするでしょう?



このコップに熱湯や氷水をそそいで持ってみよう!

そしてもちろん、

天然モミの木を体感して下さい(^^)/



爽建ハウスのショールームに来られる際はぜひ裸足でお越し下さい!

そして、いっとき立っとくだけでOK!

あとは座ってみたり、寝転がってみたり、大きく息を吸ってみて下さい!

今回のイベントでは蓄膿の方が鼻が通ると驚いていました!

鼻炎などのアレルギーがある方もぜひ体感してみてください(^^)



そして木だけでどれだけ湿気を吸ってくれるかも分かります(^^)

さまざまな実験を楽しんでくださいね!


爽建ハウス 天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2014年9月 5日 金曜日

家も人も衣・食・住が大切です!

おはようございます(^^)

いよいよ明日、明後日は

福岡市東区松香台にある爽建ハウス

天然モミの木の家ショールームにおいて

秋の住まいの体感会を開催します!

そして、その体感できる見所紹介パート3!

人間にとって衣・食・住ってとても大切ですよね。

はもちろん衣服の衣。

衣服がなければすっぽんぽん(>_<)

とても恥ずかしくて外で歩けませんが、

大切なのはそっちじゃありません。

他の動物と違い体毛が少ない人間は、

自分の体で防寒・防護する事が出来ません。

防寒着を着る事で寒さから身を守りますし、

怪我や虫刺され等から守る防護の意味でも大切です。

続いて

人間は物を食べることで栄養を摂取します。

食生活の乱れは病気の原因になるほど、

食と健康は切っても切り離せません

最後が

住はもちろん居住地の住。

住まいの役目は、住む人を風雨や災害から守ること

安全に生きるためには必要不可欠なものです。

このように、人間が生きていく上で

欠かす事が出来ないのが衣・食・住です。

では、住宅にとって大事な衣・食・住って何でしょう?

まずは衣。家にとっての衣は外の壁

長く安心して暮らすには外壁の役割はとても大切です。

住む人はもちろん、家の躯体や断熱材、住設、家具等、

外壁が守らなければいけないのは一杯あります!



頑固な自分は昔から外壁には、

旭化成建材のALCパワーボードを使っています。

ALCとは軽量気泡コンクリートの略。

正直、こんなに優れた外壁は無いってほど信頼しています(^^)



厚みは木造用の37mm。

一般的な外壁のサイディングが16~18mmですから、

約20mm(2cm)も厚い外壁です。

こんなに違うんですよ~!



実はこのALCは身近な所でも使われています。



大型商業施設ですので、厚みは違いますが同じALCに塗装しています。

なぜ商業施設で使われるかというと、

災害時に中の人を守る必要がありますし、

日々の音を外に漏らさないことも重要なポイントです。

そう。このALCの特徴は、

防火性・耐久性・遮音性・断熱性など

人を守るにはぴったりの外壁材なんです。

さらに気泡が湿気を吸ったり吐いたりするため、

壁体内の調湿機能も発揮!

壁の中の結露やカビを防ぎます。

ただ、このALCは定期的に塗装が必要なので

メンテナンスがかかると他社から言われます。

とは言っても、これはサイディングでも同じです。

私はサイディングを売った事がないので分かりませんが、

サイディングの会社って後の塗装の話はしないんですかね?

実はサイディングでもALCでもどちらも、

定期的に外壁を塗り直す事が、

家の寿命を延ばすポイントです。

さらに、爽建ハウスではこのALCの塗装に

遮熱塗料スピンオフを使っています。

JAXAのHⅡAロケットの断熱として使われたほどの、

驚異の断熱力と、耐久性です!

こちらも住宅の衣ですが、長くなるので

明日またスピンオフについてはアップします!

家を守る事は資産を守る事。

このとても大切な所が外壁だと言う事は言うまでもありません。

そして、家の食は調理器具

せっかく良い家を建てたのですから、

安全に安心して健康的な食生活を送りたいですよね(^^)

こちらについては、2つ前のブログに載せていますので

ぜひご覧ください!

そして最後は住。

家の中の住環境が悪いと、シックハウスやハウスダストで

健康に悪影響を及ぼしかねません。

こちらも前回のブログカビの話で語ってますので、

ぜひご覧くださいね(^^)/

今回は住宅の衣・食・住の衣について語ってみました。

あなたは外壁はどうやって選びますか?


爽建ハウス
秋の住まい体感会
9月6日(),7日() 10:00~17:00
会場:福岡市東区松香台2-11-35 爽建ハウス
詳しくはこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

2014年9月 3日 水曜日

運命の出会いでIHを売るのをやめました(笑)

今週末6日(),7日()

福岡市東区松香台の

天然モミの木の家ショールームにて

秋の住まいの体感会を開催します(^^)/

今日はその見所を紹介しますね!

まずは調理器具をぜひ体感してください(^^)

今のご自宅の調理器具は何を使っていますか?

約9割の方は下の2つのどちらかに当てはまるでしょう。

ガスコンロ or IHクッキングヒーター

実は爽建ハウスで体感してもらう調理器具は

このどちらでもありません。

日本では調理器具の選択肢は

だいたいこのガスかIHの2つなのですが、

実は欧米では3つから選択しています。

その3つ目が何かと言うと。。。

電気コンロ(ラジエントヒーター)

あ~アパートとかである、

なかなか温まらないコイルのやつね。

そうです!その通り!

ただ、それは1番安いやつ...(^_^;)

そんな不便なものは提案しませんよ(笑)

そもそもの仕組みが違うので、

熱くなるスピードも全然違って早いです(^^)



そもそも欧米ではほとんど普及していないIHクッキングヒーターが

なぜ日本ではここまで普及したのでしょう。

そこには24時間可動し続けなければいけない原子力発電の

"無駄を減らしたい"

"夜間に発電した電力を使ってもらいたい"

という電力会社の都合が見え隠れします。

つまり、オール電化による深夜電力割引(電化deナイト)が

一気にIHクッキングヒーターを普及させました。

ガスコンロよりも高価なのに、深夜電力割引で取り戻しますから。

そこでラジエントヒーターではなく

IHクッキングヒーターの方が普及した理由は

正直分かりませんが、約10年くらい前から

ハウスメーカーや家電メーカーがこぞって

IHクッキングヒーターを勧めていきました。

「オール電化にしてIHにしましょう!」と。。。

そんな自分も新卒でハウスメーカーに入り、

売出し中のIHクッキングヒーターを勧めていました(^_^;)

ただ、個人的にはモデルハウスで

IHクッキングヒーターを実演していると、

なんかモーターが焦げ付いた様な臭いがする気がしたり、

ブーーーーンって音が耳障りだったりしてたので、

ガスコンロを売る割合が他の営業マンよりは

多かった様な気がします。

そんな、サラリーマンで店長をしていた時代に

運命の出会いが待ってました(笑)

そう、この男です。



当時勤めていたハウスメーカーの店長会議で、

社長が「今からハンバーグつくるから聞いてみて!」と

突然始まった実演会。たまたま最前列に座っていたので、

居眠りせずにしっかり拝聴!いやぁ目から鱗でした!

そこで知った事は欧米ではほとんどIHは普及していない。

知らなかった(--;)そんな事って正直多いんですよね。

実はこの実演会がある1年くらい前から

このラジエントヒーターがある事は知っていました。

ただ、その当時はオール電化として認めてもらってなく、

商社の営業マンから簡単に聞いた内容だけで、

「IHより高いし、オール電化にならんかったら意味ないやん!」

と気にも止めていませんでした。

あぁ、自分も薄っぺらい男でした。体は厚いくせに。。。

まぁそれは置いといて、一般的にも

会社が売れと言ったらそれを売るのがサラリーマンです。

売れと言われたら当然それを売るし、そこに疑問は感じません。

でも、実際にお客様に勧めるのは自分たちですから、

ちょっとでも気になる物は本当は勧めたくありません!

勇気を振り絞って

納得できないので売らない!なんて言えば、

じゃあ退職して別の会社で売れば?なんて言われそう(--;)

結局その狭間で悩みはするのですが、

いちサラリーマンにはどうする事もできません。

「割り切ろう!会社が言うんやけんしょうがないやん!」

大手になれば大手になるほど、その傾向は強いでしょう。

でも頑固な自分は、この実演会を聞いて、納得し、

その瞬間からIHクッキングヒーターを売るのを

きれいさっぱりやめました(笑)


当時は同じ会社に勤めていても、

100%ラジエントヒーターに切り換えた店長と、

IHでもラジエントでもどっちでもって店長と、

やっぱり安いIHの方が売りやすいって店長に分かれました。

正直、あのセミナーの後すぐに変えた店長は少数派でした。

それが私であり、川井田なのです(笑)

それも運命ですね(笑)

だから一緒に頑張ってるんでしょう(^^)

当時、店長単位で選ばせてくれたので、

とても柔軟な会社だったことが今となっては感謝です。

それから8年くらい経つでしょうか。。。

今でもその選択は間違ってなかったと断言します!

ちなみに下の写真はドイツ製の電気コンロです。

もちろんドイツでもIHは売っていますが、

電気屋さんではほぼこの電気コンロが売っています。




では、なんでこれだけ日本ではメジャーな家電製品なのに

欧米では普及していないのでしょう?不思議です。

1つはIHが高価なのもあるでしょうが、

もう1つは電磁波の問題もあります。

ペースメーカーを入れている方の使用は控えるように

IHクッキングヒーターの取説には必ず載っています。

また、WHO(世界保健機関)では

電磁波の危険性をうったえているのですが、

ただ、電磁波の人体への影響は完全には立証されていません。

つまり、白か黒かというと、グレーです。

でもグレーって言うだけで自分には十分な理由です。

いつか黒って解明されたときに後悔したくないですし、

お客様に恨まれたくない(笑)

逆に白でIHの電磁波は100%安全ですとなっても

ラジエントヒーターを使っている方から、

「安全ならIHにしとけば良かった!」

なんて絶対に言われませんから(笑)

それは何でかというと、

こっちの方が実はこのラジエントヒーターを勧めたい理由!

このラジエントヒーターの商品名は

遠赤外線クッキングヒーターDGHと言います。

そう。。。遠赤外線で料理するんです!

遠赤外線はセラミックや石、炭を加熱すると出たり、

輻射熱などから発生します。

このヒーターの中にはセラミックが入っていて、

そのセラミックを加熱して遠赤外線を放出します。



遠赤外線は水分子に反応して加熱するので、

お肉やお魚などが芯から焼けてとっても美味しいんです!

お店で溶岩焼きや炭火焼きは美味しいでしょ?

それが家で毎日楽しめちゃう優れものなんです!

お魚は生臭さが消えるし、お肉はとてもジューシーに!

そして素材の味がいーっぱい出るので、

減塩減糖になってヘルシーです(^^)

たとえばこのヒーターで沸かしたお湯で紅茶を淹れると

ポットで沸かしたお湯と比べると格段に味が出ます。

これは水のアルカリ値が高くなっているから。

アルカリイオン水とほぼ変わらないpH値になります。

これは遠赤外線の特徴の1つなんです。

アルカリになると吸収しやすくなるので、

紅茶の味が濃くなるんですよ(^^)/

これと同じ理由で煮物料理などをこのヒーターで作ると、

お野菜の味がいっぱい染み出て

醤油や調味料が少なくても本当に美味しい煮物になります(*^_^*)

それと、もう1つの特徴は、

お鍋を選ばないところ。底がフラットで耐熱性であれば

どんな鍋でも使えます。IH専用鍋にする必要がありません。

ガラスポットだって使えちゃいます!



まぁ百聞は一見に如かずと言いますから、

この欧米では当たり前、日本ではマイナーな

ラジエントヒーターを体感してみませんか?

実際にお芋を使って料理もしますので、お楽しみに♪

もちろんこのヒーターのデメリット"余熱"も

逆に余熱料理として使えるかを実際に体感してもらいます。


サラリーマンは会社が売れと言えば、それを売ります!

企業は利益を追求して販売します。

たとえ人体への影響がグレーだとしても。

アスベストの時だって同じです。

WHOでは随分前から危険と言われていました。

治療医学の日本と予防医学の欧米では、

考え方が全く反対です。

グレーだったら使わないのが欧米。

みんな使ってるし大手が作ってるから安心でしょ?が日本。

大手が作ってるから安心?本当にそうでしょうか?

だからこそ大手ハウスメーカーだけでなく

工務店が必要なのです!

工務店は社長が判断して商品を選択できます。

日本には本当に良い物を作っている中小企業が一杯有ります!

このラジエントヒーターも福岡が本社の企業が作っています。

その様な素晴らしい商品を厳選して

より良い家造りに反映させていくのが、

これからの工務店の役目だと思います(*^_^*)


爽建ハウス
秋の住まい体感会
9月6日(),7日() 10:00~17:00
会場:福岡市東区松香台2-11-35 爽建ハウス
詳しくはこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | 記事URL

topimg
SNS
爽建ハウスはSNSも充実!最新情報はSNSでチェックしてくださいね!
    
topimg
ショールームのご案内
いつでもご覧いただけますが、留守の場合も御座いますので事前にご連絡を頂けますと幸いです。
【駐車場有り・JR九産大前駅徒歩4分】
topimg
更新情報
topimg
会社情報

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006




  • RSS配信
  • RSSヘルプ