①社員ブログ

2017年8月17日 木曜日

福岡では室内干しが主流に

皆さんは洗濯物はどこに干していますか?
数年前までは広いベランダが欲しいといったご要望がとても多かったのですが、最近は室内干しができる空間が欲しいと言われるケースがほとんどになってきました。
以前はユニットバス内の換気乾燥暖房機で下着などの外で干さないものくらいで事足りたのですが、今は全てを室内で干す方が増えているようです。そうなると換気乾燥暖房機では電気代がいくらあっても足りません。

たしかに、昨今の状況や環境を考えると室内干しが主流になってくるのも致し方ないような気がします。

1.夫婦共働きのご家庭が多く日中に洗濯物を取り込めない。
2.ゲリラ豪雨等といった局地的な大雨が多く晴れた日でも洗濯物が塗れる可能性がある。
3.洗濯機の性能が上がり乾燥機能が付いたものも多くなっている。
4.PM2.5や黄砂、花粉などが付着する。

全国的にも同じでしょうが、福岡ではなんといっても4番のPM2.5が深刻です。ひどい日はスモッグがかかった様にまでなり、健康被害が懸念されます。

この様な環境が室内干しの需要増加につながっているのですが、室内干しは湿度の上昇によりカビが繁殖する危険があり室内空気汚染につながってしまいます。また、半乾きですと雑菌が繁殖し悪臭のもととなります。
そこでしっかりとした調湿効果の高い部屋、通気性の高い部屋で干し、しっかり乾燥させることが重要です。

今回の古賀のO様邸では洗面脱衣所を広めにとって室内干しスペースにしています。床はもちろん天然モミの木。そして壁と天井は翡翠漆喰壁「羽衣」で万全の調湿体制をととのえています!





お風呂の横にはちょっとした洋服をかけるスペースも。背面には天然モミの木を貼って臭いや湿気をなくします。



室内で全てを完結させるからこそ、室内の空気は考えなければなりません。特に湿気対策ができているかどうか。ここが空気環境の重要なポイントです。

こちらのO様邸は、お客様の御好意で完成内覧会を19,20日の2日間させて頂ける事になりました。見どころも満載ですし、何と言っても空気維新と名付けた天然モミの木と遮熱塗料スピンオフのコラボが創り出す爽やかでクリーンな空気をぜひご体感くださいね!

イベント情報へ


 





〒813-0004 福岡市東区松香台2-11-35
TEL / 092-672-7003 FAX / 092-672-7006
お急ぎの方は携帯へ / 080-3468-4776 (溝上)
毎週水曜日定休日・駐車場あり
JR鹿児島本線「九産大前駅」より徒歩5分

 


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ