①社員ブログ

2017年2月 6日 月曜日

軒天を張りました!

こんばんは(^^)

今日は前回の破風に続いて、軒天を張っています。
軒天も最近では既製品のケイカル板を使うことがほとんどなのですが、杉板を使っています。









やっぱり人工的な無機質の物と違って木は良いですねぇ♪
1枚1枚の表情や色が違うのがなんとも味わい深いです。
これは既製品では出せない、言葉では言い表すのが難しいですが、自然素材独特の風合いが住宅の外観を引き立たせてくれます(^^)

とくに玄関の上の屋根は本当に最高の仕上がりになりました♪



木は本当に難しいです。知れば知るほど奥が深い。
一言で木と言っても何千、何万種類もあります。どこにどんな木で、どんなカットの仕方で、どの厚み寸法で使うかで効果であり表情が違ってきます。
当然、木だったら何でも良いわけではありません。
柱には柱にあった木を。梁には梁にあった木を。内装には内装に、家具には家具に。それぞれの役目・目的に応じた木を選択することが大切です。

良くあるハウスメーカーとのやり取り。

お客様 『床は無垢材を使いたいんですが。』

営業マン 『それだったらサクラなんかがお安くておすすめですよ。固くて傷が付きにくいのでお手入れも簡単です。』

お客様 『傷が付きにくいのは良いですね!お願いします。』

なんて事がほとんど。実際、私もサラリーマン時代は上のような会話をしていました。
それは床を商品の一部としか考えていないとても浅はかな答えです。
無垢の床にするということ(木の床の家に住むこと)でどんなメリット、デメリットがあるのか。
例えばサクラの床と杉の床ではメリット、デメリットが全く逆になります。
どっちの方のメリットが重要なのか。
そんな話を爽建ハウスでは大事にしています(^^)/

構造はいつでもご案内できますので、お気軽にご連絡ください。
その時に木のお話もできますよ(^^)












〒813-0004 福岡市東区松香台2-11-35
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse.momi@gmail.com
JR九産大前駅徒歩5分・駐車場あり
毎週水曜日定休




 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ