①社員ブログ

2017年1月19日 木曜日

シロアリ対策も健康仕様で!

こんばんは(^^)

今週の土曜日に棟上げ予定の
糟屋郡志免町のN様邸。
今週の火曜日にシロアリの防蟻剤を土台に塗りました。



木造住宅にとって重要なのがシロアリの対策です。
シロアリは3つの条件がそろう場所を好んで寄ってきます。
それは、陽が当たらず程よく湿気があり空気が動かない場所。

逆にこの3つの条件の1つでもクリアしていればシロアリは寄り付きにくくなります。
つまり、基礎下の通気を良くし、風を通し乾燥した状態を保てればシロアリが来ることはありません。
なので家の外周には出来る限り物を置かない方が良いのですが、
どうしても給湯器やエアコンの室外機等を置かざるをえないので木材や防蟻剤で予防します。

木材ではヒバやヒノキがシロアリが嫌う成分を放出するために土台に好ましい材料とされています。
よくヒノキが固いからシロアリに強いと言われますが、固さよりもヒバやヒノキから放出されるフィトンチッドの防虫効果が強いことの方が土台に適している最大の理由です。
ちなみに爽建ハウスでは土台にはヒノキを使っています。

本来、通気性の良い基礎にして土台をヒノキにしていれば防蟻剤は必要ないのですが、
高温多湿な九州地方ですので念のために防蟻剤も塗っています。
この防蟻剤にも様々な種類が有るのですが、オススメはホウ酸系の防蟻剤。
爽建ハウスではエコボロンという防蟻剤を使用しています。

このホウ酸は、腎臓が無い動物には有毒ですが、腎臓がある動物には問題ありません。
皆さんが普段目にする物でいえばホウ酸団子。ゴキブリ退治に使いますよね。
実はゴキブリとシロアリは同じ腎臓が無い仲間同士なんです。
逆にこの防蟻剤を塗った木材を水槽に入れても魚には全く影響ありません。
腎臓がある動物には無害なんですね(^^)

床の下と言っても強い薬品の防蟻剤を使えば、
特に夏場は揮発して有害物質が室内に上がってきます。
これは免疫の低いご老人や赤ちゃん、病気の方などにはとても危険な空気環境。
健康的な家造りを考えるのであれば、防蟻剤までしっかりと人体に影響が無いものを選ぶ必要がありますよ!

そして自分たちで塗っているので小口やホゾまで手を抜かずしっかりと塗ることが出来るので安心。
隅々までしっかりと塗っていきます(*^^*)













〒813-0004 福岡市東区松香台2-11-35
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse.momi@gmail.com
JR九産大前駅徒歩5分・駐車場あり
毎週水曜日定休




 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ