①社員ブログ

2016年11月27日 日曜日

調湿性がない室内なのにカビが本当に発生しないの?

おはようございます(*^^*)

爽建ハウスの健康的な家造りのコンセプト。
http://www.sokenhouse.net/kenkou/

2日目はの今日はカビのお話です。



小さすぎて見えていないだけで空気には多くのカビが含まれています。
これが見えていたらとても深呼吸なんてしたくなくなるんでしょうね(^_^;)
そして、湿気があって空気があまり動かないカビちゃんが大好きな場所に集まり繁殖します。
高温多湿な九州では油断していると1日でカビが発生することもありますよね。

このカビ対策はとても難しいものです。
一般的に言われているのは、
出来る限り陽が入る部屋にしましょう。
風通しの良い部屋にしましょう。
壁と家具の間は隙間をあけましょう。
などなど。

なぜカビ対策が重要なのかと言うと、
カビがシックハウスやアレルギーの諸悪の根源だからです。
はいここ、テストに出ますよ~。大事なとこですよ~(笑)

まずカビちゃん自体に問題があります。
カビが多く発生している部屋は臭いますよね。カビ臭いってよく言います。
賃貸住宅を探すときに、部屋を見に行ったら臭かったなんて経験ありませんか?
実はカビからはホルムアルデヒド等の揮発性有機化合物(VOC)が発生するんです。
これが尋常な量ではないんですね。建材とは比較にならない大量のVOCを発生させます。
これはいかん!ということで建材には多くの防カビ剤が使われていました。
それが実は。。。ホルマリン。
そのホルマリンが揮発したものがホルムアルデヒド。
あれ?頭がこんがりますよね?

つまり防カビ剤を規制してホルムアルデヒドの放出量を減らしたんです。
なので、以前の住宅と違う点は、新築時のホルムアルデヒド放出量は減りましたが、
カビは生えやすい建材になってしまったということです。

そこへ今の家造りの特徴なのが、
窓が小さい!
水を弾くフローリングやビニールクロスの内装材。
夏季はジメジメ、冬季は加湿器で1年中多湿の室内。

これはカビちゃんにとって最高の家が出来てるんじゃないですか!?

昔の家は
床下は高く、窓も大きく、床は板や畳、壁は土壁、天井は板。
湿気が上がらないように台所は居間よりも下がった場所に。
便所や風呂は別棟に。
とにかく湿気に対して考えられた家造りになっていました。





もちろん昔の家のデメリットもあります。
冬は寒い!段差が多い!地震が怖い!

まず開口部が多いから地震に弱いというのは間違っていて、
開口部が多い場所に、その開口に準じた強度のある柱、梁が使われているかが重要です。昔の家は太い梁が使われていましたよね。
何度も何度も地震を経験してきた日本の大工達が、これだけ地震大国なのに開口部を広くした家を造り続けて来たのは、風通しや湿気対策のほうが住む人や住宅にとって重要だと考えてきたからだと私は思っています。
それは木造住宅にとって最大の敵はカビとシロアリだからです。古い家が地震で倒壊する。その殆どが地盤が弱かったか蟻害にあっていたと言われています。
昔は地盤調査なんてありませんでしたから仕方ないとして、昔の人はシロアリで家がやられることを恐れていたのは間違いないでしょう。

そして近代化が進み、昔の家にサッシを付けて気密性が上がったことや、家具が増えたことで窓を潰したり、カーテンを閉めっぱなしの部屋があったり、近隣にマンションが建ったり、とにかく室内が暗く空気が動きにくくなったことで昔の家でも、いやむしろ昔の家のほうがカビが生えやすくなっていったのだと思います。

カビは諸悪の根源です。
カビがある場所=適度に湿気がある暖かい場所には家や健康に悪い奴らが集まってきます。
シロアリはもちろん、ダニやゴキブリなどなど。
シロアリは家を壊し、
ダニはハウスダストになって喘息などのアレルギーの原因になります。
最近ではゴキブリ喘息といって、ゴキブリもアレルゲンである事が分かってきました。

現在の家造りは省エネ住宅に偏りすぎています!
とにかく省エネになることが1番!冬暖かい家が最高!
電気代も安いし快適!

もちろん冬暖かいのは最高です。
ただ気密性を上げて魔法瓶のようにしないと冬暖かい家にならないという考えは偏りすぎています。
ひたすら窓を小さくして、発泡ウレタンを吹き付けて気密性を高めて。
日本の長い長い歴史によって考えられてきた家造りの真逆を行っています。
その反動が昔はなかったシックハウス症候群やアレルギーだと思いますよ。

子供がイライラしやすい、きれやすいのも親が悪いとか言いますがそれだけでしょうか?
住環境の悪さが無意識のうちにストレスをためて偏った性格の子供になってしまう事もあるんじゃないでしょうか?

間取りや使う建材によって住む人の心も変わることを意識して家造りは進めてくださいね(*^^*)/








〒813-0004 福岡市東区松香台2-11-35
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse.momi@gmail.com
JR九産大前駅徒歩5分・駐車場あり
毎週水曜日定休




 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ