①社員ブログ

2016年11月19日 土曜日

いよいよリビング!


おはようございます!
焦らしに焦らしてやっとリビングの紹介です(^^)

あ、宮崎県小林市のM様邸のことですよ!
モミの木をふんだんに使ったロフトがあるリビング。
M様の夢を形にした理想のリビングになっています(*^^*)

床はドイツ産モミの木「やすらぎ」
壁と天井にはカナダ産モミの木「樅の響」を使っています。
その他の白い壁は全て遮熱塗料スピンオフを塗装。
ビニールクロスは一切ありません。

ちなみに樅の響は期間限定商品で、そろそろ終了。
もしかしたらこのM様邸が見納めかもしれません。
今後は壁、天井もドイツ産モミの木になる予定です。

ということで、リビングがこちら!!!





小上がりがあるリビングで、
この小上がりがソファーの役目もはたせるんです。
椅子のように腰掛けても丁度よい高さですし、
床に座って背もたれにしても良いですね(*^^*)
もちろんモミの木なので床に直に座っても優しく気持ち良いですよ!





実はこの小上がりは個人的には畳にしたかったんです(笑)
でも、マルサ工業さんの事務所を見学されたM様が、
どうしても小上がりの上もモミにしたいということで、
モミの木の小上がりになりました(^^)

この小上がりの天井は和室の天井っぽくしています。
これは自分の最後の悪あがき(笑)
どんどん和室っぽさが無くなっていったので天井くらいはと(笑)
この縦の目地はモミの木を焼いて貼りました。
アクセントに丁度よい色合いになるんですよ(*^^*)





TVを置く場所は枕棚から上は床の「やすらぎ」を横貼り。
その下は「樅の響」を縦に貼っています。
色が大きく違うのは、床用のモミの木にはエゴマ油を塗っているためです。
これがアクセントになってものすごく見栄えがするようになりました。

横のスペースはピアノを置くために開けています。





これは新築アルアルなんですが、
持ってきたTVが小さいと嘆いていらっしゃいました(笑)
どうしても新築の広いリビングだとTVが小さく感じてしまうので、
結局新しいTVを購入する事になる方が多いんです。
おそらくここも。。。(*^^*)





林業の町小林市ですので、梁には杉を使っています。
また、階段入口には五寸の柱。
ここはいっぱい手で触れる場所ですので、
将来どんな色合いになっていくか楽しみですね♪

今日はここまで!
次回はキッチン・ダイニングを紹介します(*^^*)




 






天然モミの木の家 ショールーム

〒813-0004 福岡市東区松香台2-11-35
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7007
お急ぎの方は 080-3468-4776 (溝上まで)

JR九産大前駅徒歩4分・駐車場あり・毎週水曜定休

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

NEW

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ