①社員ブログ

2016年4月28日 木曜日

「やすらぎの床」誕生です!

こんにちは(^^)/
願いも通じずやっぱり雨でした。。。
今日も残念ながら基礎工事は延期。どうしたもんじゃろの~(T_T)

爽建ハウスのホームページのトップの写真を変更しました。
そう。モミの木の床の原産国が変わります。
今まではカナダ産モミの木の『ミネラルストリーク物語』という床材を標準仕様として使っていたのですが、前回の久山町のモミの木の家からドイツ産モミの木『やすらぎの床』を標準仕様として使用する事になりました。

同じ人間でも日本人とカナダ人、ドイツ人では見た目が全然違いますよね。
F1ドライバーで比較してみても。。。



左からドイツ人のシューマッハ、カナダ人のヴィルヌーヴ、日本人の小林可夢偉。やはりそれぞれの国の特徴の顔になります。でも、目、鼻、口の数が違う訳でもありませんし、内臓などの中身も同じ人間です。

モミの木も同じ。カナダ産とドイツ産では同じモミの木でも表情が違います。カナダ産モミの木にはミネラルストリークと私達が呼んでいる黒い模様が数カ所入りますが、ドイツ産にはそれがほとんど見られません。なぜカナダ産にだけ入るのかは理由は分からないのですが、おそらく土壌や気候の影響だろうと思います。
しかし、フィトンチッドを放出したり調湿性能が素晴らしかったり、消臭性が高いというモミの木の素晴らしい特徴は全く同じ。
それは1枚1枚を丁寧に天然乾燥をさせているからに他はありません。
この『やすらぎの床』も宮崎県の西都市で天然乾燥をさせ、カナダ産と同じように小林市の生駒工場で浮造り等の加工がほどこされ製品となります。

個人的にはミネラルストリークが入ってたカナダ産のモミの木の表情が好きだったのですが、今までもミネラルが入ってないドイツ産を希望されるお客様もいらっしゃったように、完全に好みの問題(^^)

でも、とどのつまりはモミの木の床はカナダ産でもドイツ産でも美しく、踏み心地が抜群でこんな床材は他にはありません!という事です(笑)
ぜひ、これからはこの新しいドイツ産天然モミの木『やすらぎの床』をよろしくお願い致します(^^)/





引き続き、天井や壁にはカナダ産のモミの木を使っていきますが、こちらも徐々にドイツ産モミの木へ移行する予定です。
爽建ハウスのショールームは天井、壁はドイツ産モミの木ですので、床だけが変わります。
この新しい「やすらぎの床」はショールームにも展示してありますので、ぜひ御体感頂ければと思います(*^_^*)





福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。

毎月第2土日はイベント開催
モミの木体感会&遠赤外線クッキングヒーターDGH調理実演会
詳しくはイベント情報でチェック!
 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

NEW

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ