①社員ブログ

2016年4月 6日 水曜日

宮崎へモミの木を見学に行ってきました♪

こんばんは(^^)/
昨日と今日はモミの木の工場見学に為に宮崎県へ行ってきました!
小林→西都→日向と宮崎県を縦断しましたよぉ♪

モミの木が内装材になる過程を見学されたいと言うことで、
福岡からお客様のS様も観光を兼ねてお越し頂きました。
これは本当に嬉しい事ですし、モミの木が持つ魅力に改めて驚かされます。
皆さんの周りで家を建てるために床材の原木を見に行かれた方はいらっしゃいますか?
今回が決して特別な事ではありません。
関東から、東海から、四国から全国のモミの木を取り扱っている工務店でモミの木の魅力に惹かれた方が宮崎県まで工場見学に来られます。
それだけ他の床と一線を画しているのが天然モミの木の床材なんです。

まずは小林市のマルサ工業さんのフォレストバンク事業部生駒高原工場を見学です。
ここでは乾燥されたモミの木の板材を浮造り加工等を施し製品へ加工する工場。
まずはショールームのモミの木の色にS様も感動していました。
うちのショールームと比べると色つやが濃いからで、これは人の出入りの数や、日当たり、温度変化などの様々な環境の変化や刺激で色の変化が違ってくるからです。



さっそく出来たてほやほやのモミの木の床材を見学。



実はこの板は製品にならなかった物だそうで、何故ならなかったのかを皆で探しているところです。本当に見えないわずかな傷も工場の人は見分けます。レベルの高い検品を行い、自信を持って製品に出来る物しか世には出ません。なのでS様邸に送られてくるモミの木の床材はエリート中のエリートなんですよ(^^)/

続いては、この生駒高原工場に運ばれてくる前の工程。
今回はどんどんさかのぼっていきますよ(笑)
西都市にある横田製材所さんへ伺いました。
ここでは丸太から柾目取りの板材に加工し、天然乾燥をさせています。



まず皆さんが驚かれるのがモミの木の丸太の太さ。
樹齢250~300年のモミの木に圧倒されます。



この大きなモミの木の丸太を柾目板に加工します。
柾目板とは年輪が板の断面を見ると年輪が垂直に見える板の事をいいます。





この板はまだ乾燥させていないので湿っていますし、とても重い板です。
この板を乾燥させるのですが、ここがこのモミの木の内装材の最大の特徴!
「天然乾燥」をさせます。自然乾燥とも呼ばれる方法で、乾燥釜等に入れる人工乾燥(機械乾燥)ではなく、自然の太陽光や風によって乾燥させていく方法です。
この方法で油分は残り、水分が蒸発していきますので、室内にフィトンチッドを放出させ空気環境を改善させたり、湿気を調整する機能が優れた内装材になるんですよ♪
この横田製材所では屋上で乾かしています。





そして最後はモミの木がドイツから日本に運ばれて荷揚げされたばかりの日向港へ。
ここでは約12mのモミの木を見ることができます。
この長さ、そしてまっすぐ一直線のモミの木にテンション上がりますよ~!
奥様が「これを見ると家の思いが変わる」っておっしゃっていましたが、
本当にそう思いますし、お客様にそう思って頂けるのは建築業冥利に尽きますね!





自分の手のひらと丸太の大きさを比べてみてください!
いかに大きいか分かるでしょ~(^^)/





爽建ハウスでは思いを込めてモミの木の家をご提案しています。
それは現場で家造りをする大工さんや業者の皆さんはもちろん、モミの木を管理しているドイツの人達や1枚1枚を丁寧に、そして真剣に向き合って製造している皆さんの思いをお客様の家へお届けしています。
なかなか平日にお時間を作って頂けるのは難しいでしょうが、
一生に一度の大きな買い物だからこそ、ぜひ自分の家で使われる材料がどうやって出来ているかを見て頂きたいと思っています。もちろん検討段階での見学も大歓迎ですよ♪
お気軽にご相談ください。

S様、今回は大変お疲れ様でした!そしてご見学頂いてありがとうございました!
また、マルサ工業佐藤社長、佐藤専務、春日さん、横田製材所の社長様をはじめ快くご説明頂いた皆様、誠にありがとうございました!このモミの木で良い家造りを頑張りますよ~!!





福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。

毎月第2土日はイベント開催
モミの木体感会&遠赤外線クッキングヒーターDGH調理実演会
詳しくはイベント情報でチェック!
 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

NEW

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ