①社員ブログ

2016年1月 9日 土曜日

今週末は住まいと健康を考えてみよう③

今週末は住まいと健康を考えてみよう①
今週末は住まいと健康を考えてみよう②


毎月第二週末は恒例の

モミの木&遠赤外線クッキングヒーターDGH体感会

今年最初の体感会は3日間開催します!

この機会に住まいと健康について考えてみませんか?

1月9日(),10日(),11日()

午前の部 11:00~13:00
午後の部 14:30~16:30


遠赤外線クッキングヒーターDGHで作る料理が違いますが、

内容は基本的に午前も午後も変わりません。

会場は爽建ハウスショールームです!

※参加多数の場合はご予約を頂いた方を優先させて頂きます。



寒い冬。冷えは足下から伝わります。

どうしても暖かい空気は上にいきますので、

頭だけボーッとして風邪の原因になったりします。

実は足の裏で感じる温度で体感温度が変わります。

足下が暖かければ、室内の温度はそこまで高くなくても快適なんです。

だから床暖房は暖かく感じるんです。

ただ、無垢材の床に床暖房は相性が良くありません。

どうしても過乾燥になってしまうため、

床材の伸縮や反りが大きくなってしまいます。

どうしても無垢で床暖房にしたい場合は、かなりの厚みが必要になります。

なので一般的には床暖房用の合板フローリングを使いますが、

これだと夏場はベタ付きスリッパが必要な家になってしまいます。

爽建ハウスの天然モミの木の床は床暖房は必要有りません。

板の表面をブラッシングし、柔らかい春目と言われる年輪を削り、

固い冬目を表面に残した浮造り加工を床材に施しています。



これによって足の裏との設置面積が減るため、

冷たさを感じにくくなるんですよ!

もちろん無垢材なのでフローリングと比較しても

平均で2~4℃は暖かいですのでそれだけでも随分と違います。

ただ、無垢だからなんでも良いかというとそうではなくて、

表面にウレタン塗装をしている無垢材は合板フローリングと

踏み心地、冷たさは変わりません。

出来る限り素材のまま触れなければ冬の冷たさは解消されないんです。

こんな冬でも裸足で過ごせるモミの木の床を

この三連休に開催中のイベントでお確かめ下さい(^^)/

ご予約はメールでも構いません。

sokenhouse@themis.ocn.ne.jp

お気軽にお問合せください(^O^)/





福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。

毎月第2土日はイベント開催
モミの木体感会&遠赤外線クッキングヒーターDGH調理実演会
詳しくはイベント情報でチェック!
 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ