①社員ブログ

2015年3月12日 木曜日

健康住宅ってなんだろう?Part2

おはようございます(^0^)/

昨日のブログの続きです(^^)

健康住宅ってなんだろう?

久しぶりのそもそも爽建です(笑)

昨日の話をまとめると、

1家族に1軒という時代が来たことで、

急速に家やマンションが建ちました。

いっぱい必要ってことは、工期が短くなければ難しいですよね。

その結果、接着剤を多用した家造りがメインとなり、

さらにサッシの技術の向上により気密生が高まったことで、

化学物質でいっぱいの家の空気を吸うことになりました。

たしかに一時期の建材に含まれるホルムアルデヒドの量は減りました。

しかし、VOC(揮発性有機化合物)は

ホルムアルデヒドだけではありません。

有名な物質だけでも、トルエン、キシレンなどなど。

1つの物質のみを抑制しても、何の解決にもならないんです。

また、ホルムアルデヒドを規制したことで

まったく逆のの弊害が発生しました。

みなさんホルマリンってご存知ですか?

理科の実験などで使う、ホルマリン漬けってありますよね。

実はホルマリン、ホルムアルデヒドには防カビの効果があるんです。

この防カビ効果のあるホルムアルデヒドを規制したことで、

人間の体には良くなったのですが、

カビにとっては室内は天国になってきています(^_^;)

実はカビからは建材の何倍ものVOCが出ています。

今までは建材によるシックハウスだったかもしれませんが、

これからはカビによるシックハウスがメインになってきますよ。

何度も言うように、法改正で省エネ基準が上がります。

ますます気密性の高い家が作られます。

しっかりとした換気を設計しなければ、

汚れた空気や湿気は必ず滞留します。

収納の中や家具の裏、冷蔵庫の下、

そんなとこまで換気扇だけで大丈夫でしょうか?

爽建ハウスでは1つの実験をしています。

普通のフローリングとモミの木の箱に、

食パンとキノコをいれてラップで密閉しました。

高気密住宅のできあがりです。



2月23日に始めた実験です。

左がフローリング、右がモミの木です。

水滴の量がぜんぜん違うのが分かりますか?



そして中の食パンを見てみると。。。

まずはモミの木の中の食パンから。



いかがですか?まだまだ食べれそうでしょ~(笑)

そして、フローリングのなかの食パンはというと、、、、

ちょっと水滴が邪魔でなかなか写真が撮りにくいのですが、



どうでしょうか(^_^;)カビでいっぱいですね。

これでお分かりでしょうか?

気密が高ければ高いほど、内装材による影響が大きくなります。

このフローリングでも✩✩✩✩(フォースター)ですので、

健康住宅って言えちゃうんですよ。

これで本当に健康住宅って言えますか?

単純に低ホルムアルデヒドの建材を使っている家っていうだけです。

またまた、次回のブログへつづきます(^O^)



 

福岡市東区松香台2-11-35(九産大そば)
JR九産大前駅より徒歩4分・駐車場あり
TEL:092-672-7003 FAX:092-672-7006
E-MAIL:sokenhouse@themis.ocn.ne.jp
OPEN:9:00~18:00(土日祝は19:00) 定休日:水曜日
平日に見学希望の際はお電話かFAX、メールにてお気軽にご連絡ください。
 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ