①社員ブログ

2015年2月17日 火曜日

モミの木が運ばれる港を見学!

こんばんは(^0^)/

今日は朝のブログでも書いたように、

香川県よりこれからモミの木の家造りをされる工務店の方が

天然モミの木の家ショールームを見学にご来店されました(*゚▽゚*)



香川県で同じようにモミの木のショールームを作るそうで、

完成したらぜひ見学に伺いたいと思います(*゚▽゚*)

ご縁とは不思議なもので...

本当にたまたまなのですが、

先週の㈲マルサ工業様に引き続き、

こちらもモミの木で大変お世話になっている、

前田産業㈱様の前田社長と専務がご来店されました(^0^)/

ここでまたもモミの木談義に花を咲かせましたよ♪



そして、かねてよりお願いしていました

モミの木が輸入される港の見学を急遽させて頂きましたヽ(*´∀`)ノ

いやーついてます!ラッキーです!

もちろん私もついていますが、

香川から来られた甲斐がありましたね♪

さっそく箱崎埠頭へ。

爽建ハウスはモミの木が日本に入る

1番近い場所にあるモミの木施工工務店です(笑)

ここはドイツのモミの木が運ばれてきます(*゚▽゚*)

ドイツからはるばるいらっしゃーい♪船旅お疲れ様でした!



福岡市東区で育った方ならご存知かもしれませんが、

新しいゴミ処理場らへんがまだ海だったころ、

丸太がいっぱい浮かんでいたのを覚えていませんか?

実はその大半がモミの木だったんですよ(^O^)

自分も小さい頃に箱崎埠頭で釣りをしていたので何となく記憶があります。

それにしても、カメラで撮るとモミの木の大きさがなかなか伝わりません。



デジカメの設定を間違ってしまったのか明るくなりすぎてしまいましたが、

重量級の私が入ると大きさのイメージが伝わるでしょうか。。。



いかがですか?太さが伝わりますか?

手をかざして見ると。。。



大きいでしょ~ヽ(*´∀`)ノしかも綺麗な円の年輪です♪

でもこんなに太いのに床材として提供されるのは7%程度。

いかに貴重な床材か分かりますね。

約8mの長さでカットされています。ドドドーーーンと!



横の長さも人が入るとイメージが湧きやすくなります(^O^)



いかがですか?樹齢約250年のドイツ産のモミの木は。

迫力満点でしょ?

カメラの設定を間違えた事が悔やまれます。。。

iphoneで撮った方が綺麗。。。



不思議なもので生木の時と、乾燥させて製材された時とでは、

木の香りも若干違います。含水量で感じる香りが違うのでしょうか。

ここからトラックで宮崎県小林市へ運ばれ、天然乾燥をさせます。

乾燥が終わり、浮造りなどの加工を施してやっと完成です♪

この丸太から取れた床材がお客様の元へ届くのには、

かなりの日数を要しますよ~。ここは日本でのスタート地!

ゴールのお客様のところまで行く過程をイメージすると、

なんともロマンを感じますね♪

爽建ハウスのお客様のところに戻ってきたらそれはもう感激(笑)

爽建ハウスのショールームでは

壁、天井にドイツ産のモミの木を使用しています。



ぜひ、この美しいモミの木の内装材をご覧になってくださいね♪



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ