①社員ブログ

2015年1月23日 金曜日

オール電化の行く末①

おはようございますo(^▽^)o

今日はオール電化についてお話しようと思います。

個人的主観ですので参考程度に読んでくださいね。

予測不可能な未来のお話も含んでますので、

おそらく反論もいっぱいあるでしょうから、

そこはそれぞれが判断する事だと思います。

そもそも爽建!

オール電化とはなんぞや?

という事なんですが、一般的には、

厨房・給湯・冷暖房等の熱源を電気でまかなう住宅のことです。

つまり、給湯設備をエコキュートや電気温水器に、

調理器具をIHクッキングヒーターや私たちが勧めている

遠赤外線クッキングヒーターDGH等を使用する事が条件です。

そして、九州電力地域では電化deナイトという料金プランで、

深夜割引を受けられるというものでした。



しかし、現在ではエコキュートなどを設置しなくても、

オール電化と言われていた電気契約を結ぶことは可能です。




このように深夜が安く、

出来る限りの電気を夜間に使って、節約してくださいね~。

という電気料金の設定です。

ただ、これには大きなデメリットが隠れているので注意が必要です。

それは、日中の電気代が高いこと。

つまり、夫婦共働きで子供さんも学校に行くので、

昼間は誰も家にいない方はベストな電気料金プランなのですが、

日中も電気を使用になる家庭では、

そこまで大きなメリットはありません。

だから、太陽光発電と相性が良いんです。

高い電気代の時は太陽光発電でまかなって、

夜は深夜電力の安い電気料金で電気を使う。

正直、太陽光発電とはそれくらいのものだと考えるべきなんです。



当然、減価償却の期間が短いにこしたことはありませんが、

さらにそれで利益を得ようとすること自体が間違いです。

なぜ、阪神大震災の後に、

家の頭が重たいと揺れやすいからという理由で、

軽いスレート瓦が普及したのでしょうか。

重心を下げないと家の揺れ方が大きく違ってくるからです。

それなのに、太陽光発電をいっぱい載せることは、

明らかに家に対しての負担も大きくなります。

「太陽光発電で得た電気代を住宅ローンに充てましょう。」

「太陽光発電でこれだけプラスになるので

月々はここまで返済額も減りますよ。」

なんて訳のわからない住宅営業マンの話を

聞かれたことはありませんか?

これはあくまで、

民間の電力会社(半民間かな)が買い取ってくれる事が条件です。

さらに1年間安定的に晴れであることが重要ですよね。

去年の夏はいかがでした?ほとんど曇りか雨でしたよね(>_<)

そもそも福岡がある日本海側は快晴が少ない気候です。

同じ九州でも宮崎市とは日照時間が全然違います。

その訳のわからない営業マンは、

異常気象もどんとこい!ずーーっと晴れが多くて、

ずーーっと九州電力が高価格で電気を買い取ってくれる、

きっとそんな素敵な未来を思い描いているのでしょう。

現在の九州に設置されている全ての太陽光発電から発電される電気を

九州電力が買い取ったとしたら、ピーク時の電力を上回るそうです。

普通に考えてください。

九州電力には自前の発電所があるわけですから、

そっちの電気を使ってもらいたいに決まってるじゃないですか。

太陽光発電を買い取る価格に比べたら、

格段に安い額で電気を作れるわけですから。

そうなると、当然買取を中止しなければ電力会社は破綻します。

そして買取価格もどんどん下がって来るでしょう。

未来永劫電力会社が現在のような高い価格で

太陽光の電気代を買ってくれるのであれば、

間違いなく太陽光発電はメリットがありますが、

そんな事ってあると思いますか?

これからゼロエネ住宅が増えてくると、

そもそも電気を買わずにすむ家が増えてきます。

そうなると、ゼロエネではないご家庭の電気代を上げないと、

電力会社は経営が成り立ちません。

万が一このような状況になってしまった場合、

太陽光発電は家の電気をまかなう保険となるのです。

よく、賃貸に住み続けるのと戸建てを買うのでは

どちらが得かというシュミレーションがありますが、

今までの様な平和な時代だったら特別気にしなくて良かったのですが、

東日本大震災以降の原発問題から始まった、

スマートハウス、ゼロエネ住宅普及への流れは、

間違いなく、そういった家に住めない家庭への負担増となります。

またもや弱い者いじめですよ(>_<)

オール電化、太陽光で儲かろうなんて夢は一瞬です。

太陽光は家で使う電気をまかなうぐらいで充分!

それが家の構造のためにも良いことです。

一般家庭でだいたい4kw/h前後でしょうか。

個人的にはこれぐらいの量を

今載せておくのが良いと思いますよ。

何事もほどほどに(^_^;)

そして、この様な電気代が上がるかもしれない

状況に対して最も自己防衛ができるのが、

賃貸ではなく、分譲マンションでもなく戸建だと思います。



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ