①社員ブログ

2015年1月17日 土曜日

モミの木の傷・汚れ対策

こんばんは(*^_^*)

今日は天気は良かったですが、

風が冷たく寒かったですね~(>_<)

よくモミの木を説明していると言われるのが、

「無垢材は傷やシミが心配で、

日々の生活がストレスたまりそう。」

確かに針葉樹の無垢の床材は柔らかいので、

傷がとても付きやすいです。

代表的なのが杉材ですね(^^;)

なので、堅木の桜などの広葉樹を選ぶ方も多いようです。

しかし、何度もここで書いていますが、

残念ながら広葉樹ではフィトンチッドの恵みはありません(>_<)

良く見かける杉材の傷やシミ。。。



1年も経たないうちにこうなるとショックですよね(-_-;)

こうなるのならフローリングの方がまだましだった。。。

そう思ってしまうのも無理は無いですが、

いやいや、絶対こんなに傷ついても体には杉が良いですよ。

では、モミの木はどうかというと、

朝は掃除機をガンガンかけています(笑)



普通だったら、

「傷が付くからやめてぇぇぇぇぇ!!」なんて叫び声が出そうな、

ものを引きずる行為(^^;) ※ストーブを引きずる川井田さんの図



へっちゃらです。

とどめに、杉でこんな事があったら発狂しそうですが(笑)

あぁぁぁぁぁ!こぼしたぁぁぁぁ(>_<)

なんて事ありませんか??



実際にショールームの床にお醤油をこぼしてみました(^^;)



良い写真が撮れるまでふきませんよ~(笑)

撮影会のようにバチバチ撮ってます(^^)

さぁ、写真も撮れたし、濡れ雑巾であとは拭くだけです。



さっと一拭き。



いかがですか?全然シミになっていません(*^_^*)

ショールームでは実際にお客様の目の前でこんな事もやっちゃいます。

実は、このような事が出来るのも、

浮造り加工のおかげなんですよ(^^)



春から夏に急速に育った柔らかい年輪の部分を削り取り、

硬い夏から冬にかけてじっくり育った年輪を表面に残すことで、

傷が入りにくく、かつ表面張力で醤油が染みこみにくくなっています。

断面でみると下の図のようになります。



この様に同じ無垢材でも、加工したことで、

とても扱いやすい床材になるんです(^^)v

なので、フローリングと変わらず普段通り使っています。

無垢だから何かに気をつかっているなんてありません(笑)

ただ、やっぱり木なので傷は入ります。

その場合はまずは濡れたタオルかティッシュを置いといてください。

たいていの傷は目立ちにくくなります。

それでも直らない傷は諦めてください。

ただ、表面のプリントがはがれるフローリングと違い、

傷ついても同じ木の色なので、そこまで目立ちませんよ(*^_^*)



これも誰かが何かを落としたんでしょう。

でもよく見ないと気付きません。

ただ、こんな傷も嫌だーって方は

大変残念ではありますが、木の家には住めないと思います(^^;)

というか住まない方が良さそうです。

木の家に住む場合は、

多少の傷は味と考えるくらい大きな気持ちが大事ですし、

それこそストレスのない豊かな暮らしだと思いますよ(*^_^*)

実際にモミの木のショールームで醤油をたらしてみませんか??



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ