①社員ブログ

2015年1月30日 金曜日

「樹齢350年 樅の響」検品・梱包作業を終えて

おはようございます(^O^)

無事に昨日、福岡に帰ってきました。

山奥での梱包作業寒かったですよ~(^_^;)

さらに、杉に囲まれていたせいか早くも花粉症の症状が。。。



先月と今回合わせて約2,800ケースの梱包が終わりました。

約1,400坪分です。



そもそもこの「樹齢350年 樅の響」は、

鹿児島の有限会社マルサ工業さんの

全面協力のもと販売できることになった

数量・期間限定商品です。

宮崎県小林市にある工場のスペシャリスト達の

厳しい検品に合格した板しか床材として私たちは使えません。

残念ながら浮造り加工は出来ないと判断された板や、

木の目肌や色味が多く床としては不向きな板が、

約10年間で少しずつたまっていきました。

それを今回は、静岡県浜松市へ運び、

木のスペシャリスト株式会社日本ISJ研究所の内藤社長による、

さらなる厳しい検品で選ばれたものが「樅の響」です。



そもそも、

約10年も経った板が普通に使えることが不思議ではないですか?

もちろんマルサ工業さんの管理の仕方が素晴らしいのもあるのですが、

普通の板だったら、沿ったり割れたり変色したりで使い物になりません。

どうでしょう!この美しさ!

この板を壁や天井に貼ったら本当に素晴らしい住まいになりますよ(^O^)/





木に包まれた素晴らしい空気環境の住まいに暮らして頂きたい。

モミの木の使用面積を少しでも増やしてもらいたいという想いで、

1ケース1ケース心を込めて梱包してきました!



残念ながらこの「樹齢350年 樅の響」のみを販売することはできません。

あくまで床材をモミの木にした方が、

壁や天井にもモミの木を使いたいという場合に

オススメする追加用の材料です。

新築でもリフォームでも構いませんし、

以前モミの木の床にされた方も大歓迎です。

もちろん浮造り加工をしていませんので、壁・天井用です。

床には使えません。

もちろん価格も頑張っています!

なので絶対にオススメですし、無くなったら終わりなので、

早く福岡の方にお伝えしたい!他県の方には渡したくない!

やっぱり自分で梱包まですると

我が子のようで独占欲が強くなります(笑)

木の家造りに興味がある方は、

まずショールームで浮造りされたモミの木を踏んでみてください!



そして、モミの木のお部屋の空気を感じてください。

きっと勉強されている方であればあるほど違いが分かるはずですし、

これから勉強したいという方は、

このモミの木を体感してから他の床を踏み比べてみてください。

「樹齢350年 樅の響」ももちろんあります。

週末は天然モミの木の家ショールームで体感してください(*゚▽゚*)



天然モミの木の家ショールーム
福岡市東区松香台2-11-35
092-672-7003
定休日:水曜日




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ