①社員ブログ

2014年9月 4日 木曜日

高いものにも安いものにも理由がある!

こんばんは(^^)

今週末の6日(),7日()の2日間は

福岡市東区松香台の

天然モミの木の家ショールームにて

秋の住まいの体感会を開催いたします!

そして、その見どころ第2段!

やっぱり天然モミの木のショールームですから、

天然モミの木の床材を体感してください(^^)v



って違います違います!

これは事務所側の普通の合板フローリングでした(笑)

ちなみにこの一般的なフローリング。

築10年以上の家にお住いの方アルアル。

掃き出しサッシの前の日当たりが良いところは

青白く変色したり、シートがはがれてきたりしていませんか?

これは紫外線によって表面のプリントが劣化してきているのです。

こうなると床を貼り替えたくなりますよね(^_^;)

リフォームのきっかけとして良く耳にする理由です。

最近ではプリント技術の向上で

ぱっと見では無垢板か合板フローリングか分りません。

特に雑誌で見ると完全に分りません(笑)

下の写真は某建材メーカーが出している

合板フローリングです。

美しい木の家とか言われると素敵♪と思っちゃいそうです(笑)





どう見ても杉の無垢板でしょー!!

見ただけでは本当にだまされます(笑)

しかーし!

これを木の床ですと言って販売するのはいかがなものでしょう。

たしかに合板ですから木には違いありませんが、

表面はビニールフィルムです。

日に焼けて飴色にはなりません。逆に色褪せます。

裸足で踏むと一発で分ります。

合板フローリングは固くて冷たいです。

そして木の香りは当然しません。

見た目が良くて安ければ欲しくなっちゃいますが、

安いものには必ず安い理由があるんです。

そして本物の木の床は当然高いです。

合板フローリングと比べると2~3倍します。

うちのモミの木も決して安くはありません!



それはこの床が出来るまでにとても時間がかかるから。

やっぱり手間がかかると物の値段は高くなります。

なんか値段が上がる事が悪のように思われますが、

値段が上がるということは価値が上がるという事です(*^_^*)

やっぱり一生に一度の大きな買い物ですから、

価値のある家を造りましょう!

値段が高くても良いものであれば満足度は高くなります。

お子さんにとって健康に悪影響のないものならなおさらですよね。



モミの木の良さは今回はあえて語りません。

実際に触れてみてください。

寝転がってみてください。

裸足で歩いてみてください。

座布団なしで正座してみてください。

換気扇も窓もないトイレの中でタバコを吸って、

10分後に入ってみてください。

それだけで何かを感じてもらえると思います(^^)

自分は大学を卒業して

当時ローコストハウスメーカーだったU社に入社しました。

この時はまだキムタクのT社も出始めで、

ローコストと言えば当時坪単価25.8万円のA社と

26.7万円のU社が独占していました。

なので、

「網戸はオプションです。なぜなら

東京では網戸がないので標準仕様になっていません!」

なんて堂々と言ってました(笑)

心ではホンマかいな?東京って網戸ないと?なんて思いながら...

今思えば考えられないのですが、

下駄箱はオプションです。

家具屋さんで買った方が安いですよ!

でも!今回は特別に

御契約頂けるならサービスします!

なんて事もありました(笑)

でもその様に指導されているので全く疑問に思っていません。

つまりオプションをたくさん取って

価格を上げて利益率を上げる方法です。

結局は26.7万円では建ちません。

それでも大手ハウスメーカーと比べるとはるかに安いので、

需要はありました。

ただ、U社の家はマッチ箱って陰口を聞いたりもしましたし、

お客様から「網戸オプションなんやろ?」( ̄ー ̄)ニヤリッ

なんてからかわれたこともありました(^_^;)

でも安い家にニーズがあるのだから

マッチ箱でも良いんじゃないって思ってました。

そしてそんな売り方をしているので、

逆に高いものにはとても抵抗がありました。

今でもローコストばかり売ってる工務店や営業の人には、

高いものにはとても抵抗があります。

建材フェア等に行くと、

「良いのは分かるけど高いんやろ?」

「高いと売れんやん!」

「安くしてやるなら買っちゃるバイ!」

なんて言葉はしょっちゅう耳にします。

ようはいかに低い原価で売るかが勝負なんです。

そこにはお客様目線というか

お客様により良い家をなんて発想はまったくありません。

サラリーマン時代の自分もまさにそうでした。

前の会社でこのモミの木の床と出会ったのですが、

ただ単純に高いから売りにくいという発想で

ろくに勉強もせずに全く売ろうとしていませんでした。

「モミの木の箱の中の野菜が腐らんとよ!」

「ふーーーん。ほんとかいな?あやしか~。」

今の自分では全く考えられないのですが、

実際、当時はそんなでした(苦笑)

当時の社長!すいません!m(_ _ )m

ようは売りの営業でしたね(汗)

なので、モミの木を使った家は

結局1件だけ建てて頂いたのみでした(^_^;)

あぁやっぱり薄っぺらい男。体は厚いくせに。。。

どんなに良いものでも売り手が良さに気付かなかったら、

絶対に売れませんし、お客様に伝わりません。

安いものを売るのは簡単です。

人は簡単な方についつい流れてしまいます(^_^;)

高いものほど売るのは難しい。。。

本当に難しい。。。(>_<)

安いものを高く見せて売るのは詐欺ですが(笑)

本当に良いものは絶対に値段がかかります。

手間暇がかかってますから。

だから、モミの木に限らず、

高くて良いものを売ってる人を自分は信じたい!

あえて難しい高いものを売ってるのですから、

売ってる人はその商品に惚れ込んでるはずです。

あとはその商品が買い手のニーズに合うかどうかです。

それは買い手であるお客様が選ぶことで、

売り手の我々が決める事では絶対にありません。

ただ最初から高いから手が届かない(+o+)

なんて思わない方が良いですよ。

住宅の場合は高い材料を使っても

工夫次第で総額を抑えることは可能です。

例えば総2階建にするとか、シンプルな間取りにするとか。

さらに今は最低金利。たとえば、

金利が0.5%違えば3,000万借りると返済額が300万も変わります。

ということはちょっと前の金利で借りた人と同じ支払い額で、

300万も価値のある家が建てられるんですよ!

うらやましい(>_<)!

税制優遇や補助金もいろいろあります。

そこはぜひご相談ください(^^)

実際に自分がモミの木の家に住んで思うことは、

もう普通のフローリングの床には二度と住めません(+o+)

それぐらい違います。

それを実感したからこそ、その良さを伝える事が、

自分たちの役目だと思っています(^^)

そんな床ですのでぜひ体感してください(^^)v


爽建ハウス
秋の住まい体感会
9月6日(),7日() 10:00~17:00
会場:福岡市東区松香台2-11-35 爽建ハウス
詳しくはこちら





このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ