①社員ブログ

2013年7月13日 土曜日

フィトンチッドを知る

おはようございます(^^)/

フィトンチッドの話のつづき。

木が自分の身を守るために発散する揮発性物質

フィトンチッド。



phyton(植物)cide(殺す)というロシア語が語源のように

身を守るために害虫や他の植物を寄せ付けないくらいの

抗菌性・防虫性の高い物質です。

これは全ての植物等から放出される物質の総称で

樹種によって成分は異なります。

そして、自らの防衛のために発散させるものなので

人体にとっても害のあるものもあります(+_+)

なので、フィトンチッド=全て良い ということではありません!

例えば毒キノコの毒や、トリカブト等は

人間にとっても害がある成分と言う事は良く知られています。

たまに、桧アレルギーで桧の家に住めないなんて耳にします。

人間でも個々に差があるので、

快適に過ごせるように適量を使用することが大切です。

いくらフィトンチッドが体に良いからといって、

家中どこでも木材を張る・使うのが良いという事ではありません。

どんな良いものも適量を超えると有害に変わる可能性がある事を

認識する事が大切ですよ!

爽建ハウスのモミの木の内装材は

各お部屋の面積の約2倍の面積が適量だと考えています。

つまり、床と天井に張る量ぐらいです。

各木材のフィトンチッドの成分を理解し、適量を使用する事で

リラクゼーション効果や防虫・抗菌、脱臭、消臭等

住む人にとって快適な空気環境がつくれます(^^)/

もちろん、地面に生えている生きた樹木から

発散させるフィトンチッドの量と比べると

加工された木材から出る量はぐーんと少なくなります。

逆にほとんど出ていない木材ももちろんあります。

なので、木でいっぱいにしたから

フィトンチッドの恩恵に授かれる訳でもありません。

これは前回お話しかけたように、加工工程による影響です

今回はこの話をしようと思ってたのですが、

またまた次回につづく(笑)

最後に、モミの木の床材の害虫忌避効果がこちら。

この前の構造見学会時に撮った映像です。



モミの木にとまった蝿が飛べなくなってしまいました(+_+)

このような防虫忌避効果でダニ等を寄せ付けず、

ハウスダスト対策にも最適な床材になっていますよ(^^)/

ぜひ、このモミの木の床材が張られた

爽建ハウスで空気環境を体感してみてください♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ