①社員ブログ

2012年6月17日 日曜日

家庭用蓄電池

連続更新です(笑)

昨日は地鎮祭の後、

YAMAHAのショールームで開催されている

建材フェアに出席してきました。

そこで、今回勉強になったのが、

これからの住宅には必須のアイテムになるかもしれない

家庭用蓄電池

Panasonicさんが出展されていました。



手前側の小さなBOXが蓄電池で、

後ろの大きなBOXはパワコンと言って、

電気を家庭で使えるように変換する機械です。

蓄電池は室内に、パワコンは屋外に設置するそうです。

蓄電池。。。皆さんはどのようなイメージですか?

私はてっきり太陽光発電で発電した電気の余剰分を

蓄電し非常時に使用するのだと思っていました。

(環境モードにすればその様になるのだそうです)

しかし、この商品の一般的な考え方は深夜電力を蓄電し、

リビングタイムで使用する。

つまり、

安い電気代の時に充電して、

日中は太陽光。夕方からのリビングタイム時に

蓄電池からの電力を使用する。その電気代の差額がメリット。


そんな商品なんです!なるほど!!

非常時だけでなく、日常で使用するんですね!

そうなると、価格次第ではメリットが出そうです。

ただ、これは個人的な見解なので全く的外れかもしれませんが、

深夜電力を安くしてでも、なぜ電気を使わせたいかというと、

24時間稼動する原子力発電の電気を無駄にしないため。

つまり、これからの原子力発電問題次第では、

真っ先に電気代が上がるのが深夜電力ではないかと思うんです。。。

それに結局電力会社から電気を買う構図は変わらない気が。。。

ちょっと自然エネルギー化とはイメージが違いました。

まぁ環境モードにすれば良いだけなんですが(笑)

やっぱり東日本ではかなり問い合わせも多い商品なのだそうで、

九州との温度差は相当あるようです。

これはもちろんイニシャルコストがかかりますから、

メリット、デメリット、ランニングコストのシュミレーションを

しっかり出して御客様に御判断頂くのが良さそうです。

ただ、まったく提案もしていない工務店も多いのが現実です。

この様なリスクヘッジの商品は保険のようなものです。

必要か不要かを決めるのは私達工務店ではなく御客様なのですから、

情報としてしっかり御客様にお伝えする事が大切ですね。



プライベートブログはコチラ



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ