①社員ブログ

2011年12月17日 土曜日

高田松原の被災松を使った数珠

おはようございます(*^ー^)ノ

昨日は本当に寒かったですねぇ~(x_x;)

初雪も観測され、いよいよ冬本番です。

そして、年末と言えばTV番組。

今年の出来事を振り返る趣旨の番組が増えてきています。

未曾有の震災被害があった2011年。

12月31日と1月1日で何が変わるというのはありませんが、

2012年が復興への第1歩の年になればと切に願います。

その、復興支援で爽建ハウスも1つお手伝いする事になりました。

ニュースで多く取り上げられているので、

皆さんも御存じだとは思いますが、

陸前高田市の高田松原を御存知ですか??

以前は唐津の虹の松原の様な美しい松林だったそうです。



震災前の高田松原

この松原が3.11の津波で一瞬にして無くなってしまいました。

下の写真は実際に私が見て来た時の写真です。



この1本だけ残った奇跡の(希望の)一本松も根が腐ってしまったそうです。

そして、津波で流された松が大量に打ち上げられました。

この松を地元の材木屋さん等が復興のシンボルとして

様々な形に変え、復興支援金として役立てています。

私たちがボランティアでお世話になった矢作町の村上区長さんも

ストラップにして販売し、支援金とされておられました。

今回、私たちが縁が有って販売する事になったのが、

この松を使った数珠です。

大船渡市三陸町の㈱鹿児島屋さんが作られています。

これは、

『東日本大震災被災地復興再生支援』
高田松原 名松 一本松 被災松再生プロジェクト

という形で、収益金を被災地の復興と高田松原の松の植林事業の

基金に充当するそうです。

今回私たちが販売する数珠は3商品。



写真左が22玉。右が7mm玉。

どれぞれ桐箱付きで4,000円です。

男女ペア仕様だと8,000円になります。

そして、ブレスレットタイプの念珠。



こちらは女性用Mサイズ8mm玉と男性用Lサイズ10mm玉で

それぞれ2,000円になります。

全ての数珠に松とRの文字を重ねたロゴと3.11が刻印されています。



このロゴには津波の猛威に負けずに立ち続ける一本松が

力強くガッツポーズしている姿をイメージしています。

RにはRequiem(鎮魂)・Revival(復興)・Rebirth(松林再生)

の意味が込められています。

御郵送希望の方にも御対応させて頂きます。

是非、復興支援として皆様のご協力をお願い申し上げます。

※全て完売致しました。
 ご協力誠にありがとうございました。


※被災松の放射線測定について

当製品は、被災松の心材と呼ばれる中心部を使って作成しておりますが、
肌身に着けて使用して頂く点から、放射線測定検査を(財)新日本検定協会に
依頼いたしました。
その結果、放射線量及び放射能面密度ともに不検出との証明を受けて
おります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ



爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050




  • RSS配信
  • RSSヘルプ