新着情報 & ブログ更新情報

一覧を見る

2017/06/26

①社員ブログ

2011年11月13日 日曜日

ハイブリッド住宅

こんばんは(*^ー^)ノ

すいません(ToT)またブログがあいてしまいましたsweat01

ところで、いま爽建ハウスでは

西部ガスさんと

W発電ハイブリッド住宅

の規格PLANをつくっています。

このW発電。皆さんは聞かれた事ありますか??

3月11日の東日本大震災以降、

日本ではエネルギー問題が転機を迎えました。

今までは、原子力発電に依存し、さらに推進していた日本ですが、

あまりにも災害時のリスクが高い事が分かり、

今後、日本で原子力発電所を造るのは不可能だと言われています。

しかし、こと住宅の事になると、推進しているのはオール電化。

オール電化と言っても太陽光発電まで載せる家が全てではありません。

つまり、電力の使用がまだ増加する傾向にあるという事です。

しかし、必ずこの矛盾でオール電化と発電の問題は行き詰ります。

まさに、スマートハウスと言われている

節電を促す家造りへと、住宅業界も方向転換が始まりました。

爽建ハウスでは、電気の見える化で節電させるのも良いのですが、

都市ガスが入っているエリアの方は是非、ガスと電気による

ハイブリッド住宅を検討して頂きたいと思っています。



エコウィルという給湯設備と太陽光発電を組み合わせると、

例えば3kw/hの太陽光を載せた家の場合

電気の購入量は約1/3まで落とせ、2/3は自家発電になります。

エコウィルでの発電量が約1kw/hですので、

4kw/hの太陽光発電を載せているのと同じくらいの発電量になります。

太陽光を載せるには、日当たりや屋根形状、

現在の家の小屋組みの強度など様々な問題があり、

全ての家にたくさんの発電量の太陽光を載せれるとは限りません。

そこでエコウィルで発電量を増やすという考え方です。

さらにお湯を使えばさらに効率がアップしますので、

床暖房との相性も抜群なんですよ(^^)/

このハイブリッド住宅のページを

弊社ホームページ内に新たにつくりましたので

是非、ご覧くださいo(^▽^)o


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ