①社員ブログ

2011年11月14日 月曜日

スマートハウス

こんばんは(*^ー^)ノ

日本シリーズでちょっぴり不機嫌な1日(笑)

ストレスは仕事で発散です(^-^)v

昨日のハイブリッド住宅に続いて今日は

スマートハウス

の話題。この『スマートハウス』。最近良く耳にしませんか??

HEMS(ヘムズ)とも言われ、

国の施策として普及拡大させようとしています。

ちなみにHEMSとは

Home Energy Management Systemの略。

今日はそのスマートハウスの勉強会に参加してきました。

もう何度か話は聞いているんですが、

やっと私の中でイメージが沸いてきました(;^_^A

いやぁ。。。これからすごい時代になるかもですよ。。。

あまり詳しくは書けないので、今回は

スマートハウスの大まかなイメージをご紹介します。

実際、スマートハウス自体の定義がまだないので、

住宅メーカーによってスマートハウスのあり方は今は千差万別です。

ただ、漠然とある大きなイメージとしては。。。

家庭内の電気のコントロール化

つまり、太陽光やエネファーム・エコウィルなどで発電した電気を

上手に使ったり、蓄電したり、電気自動車に充電したり、

逆に電力が不足している場合は電気自動車から電気が家に行ったり、

すべてをつなげて効率的に家の電力を制御し、

電力会社から買う電力を減らす、

逆の言い方をすれば、

自家発電(自然エネルギー)の電力を効率的に使う。

その様な家を国の施策として増やす事で、

各家庭の電量消費を削減する事が目的です。

今後、電力会社の体力が低下する事は明白で、

太陽光の売電価格が今のまま高い価格であり続ける事は

あり得ません!!(逆に言うと太陽光発電設置は今がお得ですよ)

ですから、太陽光の余剰電力は"売る"という考え方が変わり、

効率的に使う事が目的に変化してきます。

たしかに目的としては素晴らしいのですが。。。

ただ、3.11の震災でこのスマートハウス化のスピードが

急速になったことは事実で、今まではかなり先の事の様な話でしたが、

2年後には当たり前になってるかもしれません。

その中で、まず取り入れやすいシステムが

『電気の見える化』

これって太陽光のリモコンだけでもかなり効果があって、

電気使用量が目で見えるだけで1~2割の省エネになると言われています。



このシステムを今の内の導入しておけば、

実際にこのエネルギー制御システムが稼働し始めた際に、

スムーズに対応できますし、電線の露出部が減らせる等のメリットがあります。

個人的には、まずここまでしておけば良いと思います。

ここからは、さらに生活を便利にし、かつ省エネになるというシステム。

内容によってはかなり費用がかかりますが例えば、

携帯電話で照明器具やエアコンやエコキュート等の遠隔操作ができたり、

パソコン1台で家中のエアコンの温度設定が出来たり、

全く今までの生活が一変するようなシステムです。

今の私の生活で例えると、

私は自宅で熱帯魚を飼っているのですが、

熱い夏などはエアコンを入れておかないと、水温が上がり過ぎて

魚が死んじゃいます。ただ、家を出て帰宅までエアコンをつけっぱなし

というのは、とても電気代がもったいない状況です(ノ_・。)

しかし、このシステムをうまく使えば

暑い日中だけスイッチを入れて、夕方にはOFFにするというのが

携帯電話からできちゃう訳です。便利でしょー!!

現在はPanasonicさんとTOSHIBAさんがこの様なシステムを販売していて、

TOSHIBAさんのFEMINITYというシステムを勉強してきました。

詳しくはTOSHIBAさんのHPでご覧ください。
http://feminity.toshiba.co.jp/feminity/index_j.html

まずは、このシステムをしっかりとお客様に伝え、

入口部分だけでも新築時に導入しておいた方が良いかもしれません。

このスマートハウスについても、気になっていらっしゃる方は

是非、お気軽にご相談ください(^^)/


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ