①社員ブログ

2011年10月 4日 火曜日

がんばっぺし東北行10月2日①

10月2日

この日は早朝5時から作業時間前まで被災地を見て回る事に。

まずは陸前高田市の中心地から。



前のブログで載せた仮設のスーパーMAIYA。

震災前は大きなスーパーでした。

下の写真がMAIYAです。

区長の村上さんはここで買い物をしていて地震に合い、

あわてて避難したそうです。



陸前高田市役所

アンテナにしがみついて生き延びたというニュースで

有名になった所です。



JAの建物です。





ここからは大船渡市へ移動。

地盤が下がって満潮になると海水で冠水するそうです。







大船渡市の中心地です。





地盤沈下で海水がなかなか引かないそうです。







小高い丘にある公園へ移動。

上から大船渡市を眺めます。





公園内にある石碑です。

昭和8年の三陸津波が記されていました。

やはり、津波の危険が多い街だったんですね。。。





別の位置から見た大船渡市街地です。





本当に家がいっぱい建っていたことが信じられません。



200tの船が打ち上がったままになっていました。



ここからは陸前高田市に戻ります。

海岸近くにあったホテル。

この後ろには唐津の虹の松原のような松林があったそうです。

地盤が下がり、海になってしまっています。。。





陸前高田市の中心街があったところ。今は何もありません。。。





ここでは、村上区長さんに来て頂いて解説して頂きました。



茶色い建物の後ろに見えるのが体育館。

避難所になっていたそうで、約400名が避難していたそうです。

そこに想像以上の津波が襲い、生き延びた方は

たったの3名なのだそうです。。。



この建物は高田高校の校舎。

ここでも多くの学生や職員の方が命を落としたそうです。



朝のMAIYAの方向を見ると、

本当にほとんどが無くなってしまっています。



岩手県内で最も多くの方がお亡くなりになった街、

それがこの陸前高田市です。

想像を絶する世界でした。

それ以上は本当に言葉が出てきません。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 爽建ハウス株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

NEW

爽建ハウス株式会社
〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
OPEN:9:00~19:00(水曜日定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL:092-672-7003
FAX:092-672-7006





株式会社日本ISJ研究所
九州支店

〒813-0004
福岡市東区松香台2丁目11-35
爽建ハウス内(不定休)
◆お問い合わせ先◆
TEL/FAX:092-672-2050



  • RSS配信
  • RSSヘルプ